✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【西洋占星術入門講座10】知っておきたい!惑星の話~天王星~人生に新しい可能性をもたらす”革新”の星

【西洋占星術入門講座10】知っておきたい!惑星の話~天王星~人生に新しい可能性をもたらす”革新”の星のアイキャッチ画像 西洋占星術講座
この記事は約6分で読めます。

天王星といえば、2022年秋の月食を思い出す方も多いかもしれません。

2022年11月8日はおうし座で皆既月食があり、その際、天王星が月の背後に入り込み、「天王星食」が起こりました。

皆既食と天王星食が同時に起こるのは442年ぶりだった!ということで、おおいに話題になりましたね。

そんな「天王星」は、占いの世界ではどのようにとらえられているのでしょうか?

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

人生に「自由」と「改革」のチャンスを与えてくれる星

かつて、「太陽系の一番外側を回る星」は土星でした。

土星の外側の世界には、星はないと考えられていたのです。

しかし、1781年、ウィリアム・ハーシェルが天王星を見つけたことによって、天文学も星占いの世界もこれまでの概念が激変。

「土星外天体」(トランスサタニアン)と呼ばれることも多く、まさに「全く新しい世界」を代表する星として位置づけられているのです。

土星が司っていた「世界の限界」を超えた世界にある星ということで、天王星は「革命の星」「改革の星」とも称されます。

ちょうど、フランス革命(1789年~)やアメリカ独立(1776年)の時代に発見されたことも、無関係ではないでしょう。

世界の在り方をひっくり返し、まったく新しい世界の仕組みを生み出す…天王星には、そんなクリエイティブな力があります。

天王星を支配星として持つみずがめ座が、「ひらめきの星座」と称されるのも納得ですね。

2023年現在、天王星はおうし座に滞在していますが、2026年にはふたご座へ進んでいきます。

天王星を自身の星座に迎えている時期は、かなり大きな運命的な出来事が起こりやすくなります。

ちょっと大げさにいえば、人生をひっくり返すような出来事が起こっても不思議ではありません。

覚えておくと便利なキーワード

星占いを学ぶ上では「イメージ」が非常に大事です。

しかし、天王星については「正直、あまりよく知らない」という方がほとんどでしょう。

天王星は、公転周期が約84年。昼が42年、夜が42年続くという不思議な星です。

太陽系で3番目に大きな星であり、その実体は巨大な氷の惑星。

さて、そんな天王にはどのようなキーワードがあるでしょうか?

・革命
・革新
・自由
・時代
・テクノロジー
・先進的
・突発的な出来事
・自立
・新しい価値観
・分離
・神秘
・スピリチュアル
・宇宙
・宇宙工学
・電気
・変化
・ネットワーク
・みずがめ座(天王星はみずがめ座の支配星です)

どれもこれも、みずがめ座さんならは「あ~、わかる!」「私にぴったりのテーマだ」と思うような言葉が並んでいます。

天王星には「変化」というキーワードも与えられていますが、それはちょっとやそっとのささやかな変化ではありません。

これまで当たり前の「ルーティン」としてやっていたことに、「それって意味あるの?」「それが必要だという根拠は?」と切り込んできます。

どんなことも、続けているうちに本来の目的から逸れてしまうのはよくあること。

見て見ぬふりをしてなんとなく続けていること、古い慣習、常識、社会のルールに、天王星はバッサバサと切り込んできます。

考えてみれば、ここ数年はコロナの影響で社会の在り方も大きく変わりましたよね。

毎日通勤するのが当たり前だったのに、「実はテレワークでも仕事は成り立った」

月に何度も会わないと恋愛は成立しないと思っていたけど、「実際は会わなくても平気だった」

結婚しないと幸せになれないと思っていたけど、「友達とシェアして生活するのも結構楽しい」

…そんな新たな発見もあったでしょう。まさにこれは、天王星がもたらした社会的な変革と言えるのかもしれません。

天王星は「ステップアップ」のキッカケを与えてくれる星

冥王星は、ギリシャ神話では、天空の神「ウラヌス」にたとえられます。

ウラヌスは大地の神である「ガイア」の子供。

さらに、この母との間に「クロノス」という息子をもうけています。(※ガイアとウラヌスは、ギリシャ神話において「創世の神」とされていますね。)

「親子」の制限を超えて新しい世界を作り出す…そこにあるのは、まさに「革新」「新時代」というキーワード。

人間の世界でいえば、年功序列の古い体質の企業に、アメリカのベンチャー企業から出向で派遣されたやり手の若手社員という感じ。

場の空気を読まず、納得いかないことはとことん突き詰めるというひたむきさがあります。

傍から見れば「切れ者」「やり手」と表現されてしまう人物ですが、見方を変えればとてもピュアな人物だともとらえられますよね。

「なんとなく」の社会の規範に流されず、自分の中に生まれた疑問に常に正直なのです。

このような性質を持つ天王星を自身の星座に迎える年は、「妥協」が許されなくなるという側面があります。

「なんとなくやっていたこと」「なんとなく続けていた関係」を見直し、刷新することで、それまで「自分の限界だ」と思っていた枠組から大きく飛躍していくチャンスが与えられるのです。

天王星の力を味方につけるには?

人間はもともと、変化を恐れる生き物です。

実際、なにかを変えること、自分を変えることには精神的にも肉体的にもパワーが要りますよね。

だからついつい、人は易きに流されてしまいがち。

「変わりたいのに変われない」

そんなお悩みを抱えている方はとても多いことでしょう。

天王星は、まさにそんなあなたの背中を押してくれる星です。

例えば、なんか一つでも良いので、「買い替えたほうが良いとわかっているのに変えられないもの」「そろそろ捨てたほうが良いとわかっているのに手放せないもの」を処分してみてください。

その小さな勇気も、積み重ねれば大きな「変化」を起こせるチカラになります。

また、なにか電化製品を一つ買い替えるというのも天王星とつながるアクション。

わかりやすいのは、スマホやパソコンの買い替えですね。

「設定が面倒くさい」という理由で買い替えを先延ばしにしているなら、ぜひこの機会に新しい機種に変えてみましょう。

「先進のもの」にふれることは、天王星とつながるアクション。

スマホ一台でも、新しい物を受け入れる勇気と行動力を持つことができたあなたは、昨日よりも一歩も二歩も新しい世界に向かって前進しているはずです。

まとめ

土星の”外側”にある星としておなじみの「天王星」についてご紹介しました。

星占いにおいて、天王星が表しているのは「革命」「改革」「変化」です。

何かを変えることはちょっと怖いことでもありますが、何かを打ち壊すからこそ見えてくる新しい景色があります。

例えばタロットカードの「星」も、前のカードである「塔」が崩れ落ちたからこそ星が見えるようになったのです。

「風の時代」であるこれからの時代は、まさにこの天王星の変革力が不可欠!

筋トレのように日々の小さな変化を積み重ねていれば、いつかあなたの目の前にも、これまで見たことがなかったような景色が広がることでしょう。

コメント