✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【おうし座×九星気学で占う2022年の運勢】あなたの2022年はどんな年?

【おうし座×九星気学で占う2022年の運勢】あなたの2022年はどんな年?のアイキャッチ画像2022年の運勢
この記事は約11分で読めます。

おうし座さんの2022年は、ご自身の星座に迎える「ドラゴンヘッド」の作用により、なにかしら”運命”と名付けたくなるようなご縁をつながりやすくなります。

ドラゴンヘッドとは、太陽と月の軌道が重なる点。陽と陰、男性性と女性性が重なる不思議な場所。2022年は自分自身でも気づいていなかったような新しい自分の一面を見つけ出すことができるでしょう。

九星気学の「本命星」の動きもミックスして観ることで、つかみとるべきご縁をしっかりキャッチできるようになるはずです。

おうし座の基本運勢に加えて注意すべき点、ツキに恵まれやすいアクションをまとめましたのでぜひご自身の本命星をチェックしてみてください!

以下より動画はご覧いただけます。

一白水星

本命星は坎宮(北)に回座します。

季節でいえば「真冬」、九星気学では「停滞期」を表す運気。実際、年明けは支配星である金星も逆行しているので、なんとはなしに「これでいいのかな」と迷いが生じて行動しにくい気持ちになるかもしれません。

しかし、2022年は人との出逢いがとても心強い武器となりそう。それは恋愛に限らず、仕事でもプライベートでもそうです。坎宮の年というのは、停滞している中にあっても対人面については好調な波に恵まれるのが特徴。しかもドラゴンヘッドの作用で今まで出会わなかったような人と出会う機会も多くなるので、今年は積極的に出逢いを求めていきましょう。

とりわけパワフルなのは、5月1日のおうし座新月の付近。ここは九星気学で観ても1年で最も運勢のバイオリズムが高くなる時期です。良い流れが重なるので、主にビジネスの面で重要な決断を下すならこの時期が良いでしょう。

ただ、人との出逢いの中にはあなたを惑わす出会いもあります、美味しい話をもちかけてくる人、男女関係のリスキーなお誘いなどには十分に注意するようにしましょう!恋愛のトラブルを引きずりやすい運気なので、どんな恋をするかで他のことに対するモチベーションも大きく影響を受けてしまいます。

心の健康はカラダの健康から!坎宮の年は水の影響を受けやすく、それが心や身体を冷やしてしまいます。

カラダが冷えると思うように動けなくなりますし、ケガや病気にも弱くなります。そうなれば塞ぎ込みがちになって気分も低迷してしまいますよね。2022年は「心も身体も冷やさない」と常に意識しておくことが大事です!

吉方位:東、南東、北西、西

二黒土星

本命星は坤宮(南西)に回座します。

本来であれば低迷から抜け出して新しい一歩を踏み出す「準備」を始めるべきタイミングですが、今年は「歳破」にたっているため、能動的にアクションを起こしていくのはちょっとどうかなあという運気です。

それでも、ビジネスで勝負に打って出る!というのであれば、オススメは3月。ここは火星と金星がみずがめ座に入っていておうし座さんにとっては有利な配置ですし、九星気学で観ても波が安定しています。火星的な熱く力強いパワーと、金星的なワクワクしたパワーを使って状況を切り拓いていくことができるでしょう。

2022年は後半から運気が上昇していくので、前半でイマイチなことがあったとしてもいつまでも引きずらないこと!リセットがとても大事になってきます。

どちらの占術で観ても、2022年は「人脈」があなたに宝物をもたらしてくれそう。とりわけそれを実感しやすいのは恋愛です。誰かがつないでくれたご縁が一生ものの特別なご縁に成長する可能性も秘めていて、とても力強いものを感じますよ。あなたの星座に金星が入る5月末~6月はあなたが最も魅力的に輝き、大きな愛に満たされる時期です。

すでにパートナーがいる方は、二人で力を合わせて基盤をしっかり整えていきましょう。なによりもコミュニケーションを大切に!

坤宮の年は、「動」というよりは「静」なので、物理的にも動きが少なくなりがち。外出が億劫になり、運動不足に暴飲暴食が重なって健康を損なってしまうというリスクも高いので、なにか運動を習慣化すると良いでしょう。

継続力はある運気ですから、少なくとも三日坊主にはならないはずですよ。

吉方位:北西、西、南

三碧木星

本命星は震宮(東)に回座します。

空に向かって生き生きと伸びていく植物のように、伸び伸びとした勢いのある運気。本格的な運気上昇期を迎え、上昇気流に乗っていく年となります。

ただし、6月はちょっと注意が必要でしょう。九星気学で見ると運勢のバイオリズムが低下するので、思い切った決断は避けるのが賢明です。6月は土星もみずがめ座で逆行に入るので、主に仕事の場面でなにかと見直しを求められることになるかもしれません。ここは焦らず慎重に行きましょう。

恋愛に関しては、非常に勢いがある年。結婚運も良いので、今年のご縁は大切に育てていきましょう。特に、あなたの星座に金星を迎える5月26日~6月23日は愛が大きく育つ時期です。

ただし、秘密にしていたことがバレたりしやすいので、トラブルに発展するケースもありそう。そんなことがないのが一番ですが、もし秘密が発覚した場合でも冷静に話し合うことを大切にしてください。感情を爆発させてしまったら関係も終わってしまいます。

全体的に勢いがある分、注意が散漫になりやすいのも震宮の特徴です。先走って行動しがちなので、ケガや事故には十分に気を付けてください。また、喉、肝臓系の疾患にもご注意を。

吉方位:北、南東、南

四緑木星

本命星は巽宮(南東)に回座します。

どっしり構えて空に手を伸ばす木々のような運気です。安定感がありつつも、上に伸びることへの情熱は失っていない。そんなあなたに、周りの人々も強く魅了されるでしょう。2022年はあなたの周りに人が集まってきやすい年となります。

全体的に好調なのですが、特に大きな波が来るのは7月。ここは九星気学で見た運勢バイオリズムのピークですし、7月5日~8月20日はあなたの星座に火星が入っています。

情熱の火がパッと燃え上がりやすい期間。迷わず、勢いに任せて進んでしまってもOK!付き合いが増える分だけ出費も増えますが、今年のご縁は遠い未来にもつながるご縁ですから、交際費は絶対にケチらないようにしましょう。「未来への投資」と割り切ってしまうのが一番です。

2022年は、結婚に強い追い風が吹き、自然の流れで結ばれるカップルも多くなりそう。優柔不断さが出てしまうのが巽宮の特徴ですから、ここばバシッと決めましょう。大丈夫、今年のあなたが直感でビビビと感じたことはたいてい「正解」です。怖がらずに決断するようにしてくださいね。

また、自分の限界を超えて無理をし過ぎてしまうのも巽宮の特徴です。ギリギリまで頑張ってしまうので、最初から生活に「メリハリ」をつけておくといいですよ。

○時になったら仕事は止めると決めて、アラームをかけて行動しましょう。そのスタイルが習慣化されれば自然と心身の状態も整っていくはず!

吉方位:北、東、南

五黄土星

本命星は中宮(中央)に回座します。

ここ数年の上昇運が頂点に達する年。なにかとリーダー的な役割も任されますので、一見とても良い運気のように思えるかもしれません。

しかし、九星気学では徐々に運気は低下に転じます。良くも悪くも勢いが強すぎて自信過剰となり、発言が周囲の反感を買ってしまうこともありますので十分に気を付けましょう。

大きな行動は控えたほうが良いのですが、もし動くとしたら7月が良いでしょう。7月は九星の運勢バイオリズムも公私ともに堅実ですし、7月5日から火星を自身の星座に迎えていますので運気に勢いがつく時期です。これまでの勢いが低下してしまう年ですから、なおさら大きなアクションを起こす場合には「良い時期」を選んで行動することをオススメします。

本命星が中宮に入る年は、電撃的な結婚をする方が増える傾向もあります。特に、ドラゴンヘッド×天王星の影響を強く受ける今年は運命的な出会いを果たす方も多くなるでしょう。

一方で大喧嘩して別れたり、三角関係のトラブルに巻き込まれたりするリスクも高い年ですから自らの言動を意識して整える必要があります。

アップダウンが多い年で、健康面も変化に見舞われる兆し。特に持病がある方は、ぶり返しが心配な年です。少しでも体調に異変を感じたら、早めに受診するようにしてくださいね。

吉方位:南南西、北西、西、北東、南

六白金星

本命星は乾宮(北西)に回座します。

運気は安定しているので、活動的に動ける年になります。これまでやってきたことの「成果」を収穫する年になりますので、ここまでコツコツと頑張ってきた方にとっては最高の「ごほうび」を受け取れるでしょう。

唯一気を付けたいのは、3月。ここは運勢のバイオリズムが低下してしまいますので、何かと空回りすることが多くなりそう。焦って物事を進めようとせず、自分のペースを大切にして進みましょう。

3月は火星と金星が同日にみずがめ座に入り、おうし座さんにとっては「産み(創造)の苦しみ」を味わうことになるかもしれません。

仕事も恋愛も、今年は「理想」がどうしても高くなってしまうので、変に意固地になるところも出てきてしまうでしょう。それが不和の原因になることもありますので、柔軟さを意識して過ごしてくださいね。特に目上の方への言葉遣いや態度には十分にお気をつけください!

安定した運気で体力的にも充実感がありますが、多くのことにチャレンジできる年とあって無理をしがちになりそう。休養はしっかりとるようにしましょうね。また、頭部や骨のケガや病気にも用心してください。

吉方位:北、南南西、西、北東

七赤金星

本命星は兌宮(西)に入ります。

喜びに満ちた素晴らしい1年。あなた自身が「楽しい」と思えることを選んでやっていれば、自然とご縁も引き寄せられてくる年になるでしょう。あなたが感じる「これ好き!」「これ楽しい!」「なんかワクワクするな」という感覚をどうぞ信じてあげてくださいね。

全体的に好調ですが、特に10月は絶頂期。9月末から10月にかけては金星がてんびん座にあってプライベートが充実する時期です。ふたご座で火星が逆行していますので、稼ぎ方と使い方のバランスを見直し調整するにもふさわしいタイミングと言えるでしょう。

ただ、今年は「口は災いの門」を意識して過ごしたほうが良さそう。口論や誤解が生じやすいので、言葉はしっかり選びましょう。

恋愛は、カジュアルな関係から本気の交際に発展するケースが多くなりそうな兆し。好きなこと、趣味を通じた出逢いに運命のご縁がありそうです。

特に5月は積極的に動いてヨシ。九星の運勢バイオリズムも好調ですし、5月1日はあなたの星座で迎える新月。過去を手放し新しい恋に進むために気持ちを切り替えるにはピッタリのタイミングです。

レジャー運が強く、あっちこっち出歩く機会も増えますので、コロナ対策はしっかりと!一度体調を崩すと長患いしがちな年でもあります。歯周病や虫歯を放置すると後悔することになりますので「あれ?」と異変を感じたら早めに治療を受けることをオススメします。

吉方位:北、南南西、北西、北東

八白土星

本命星は艮宮(北東)に回座します。

「変化」の運気ですから、アップダウンが非常に激しくなりそうな兆し。何があっても揺るがない「自分軸」を持っておくことがとても大切な年になります。

行動を起こすのにオススメの時期は、3月と6月。いずれも九星で観る運勢バイオリズムが好調な月です。

また、3月は火星と金星がみずがめ座にてあなたの「創造」を応援してくれるでしょう。クリエイティブ系のお仕事をされている方は特に、ここを意識されると良いと思います。

6月の前半は水星があなたの星座に入っていて、必要な情報をスムーズに届けてくれるでしょう。新しいテクノロジーを武器として手に入れることになるかもしれません。(スマホやタブレット、パソコンの買い替えなどにオススメです)

恋愛関係も、「結婚」をしっかりと視野に入れられるような地に足のついたご縁に恵まれそう。すでにパートナーがいる方は子宝に恵まれる暗示もあります。

あなたの星座に金星が入る5月末~6月は愛が大きく育つ時期です。親しい人からの「紹介」でつながるご縁も多くなりそう。意地を張っているとせっかく舞い込んできた良縁を逃してしまいますので、素直になりましょう。紹介されておつきあいすることは、恥ずかしいことでもなんでもありません!

普段は健康に自信がある方でも、今年は些細なことがきっかけで体調を崩してしまう可能性があるので自分の身体を過信しないように!腰痛や関節痛をお持ちの方は、疲れを溜めないようにしましょう。

吉方位:北西、西、南

九紫火星

本命星は離宮(南)に回座します。

あなたの内側にある才能が花開き、それを世間が認めてくれる華々しい運気。特にクリエイティブ系の職業の方にとってはまたとないチャンスが舞い込んでくる年になるでしょう。

ドラゴンヘッドを自身の星座に迎えていて、自分の中の光も闇も統合して力に変えていける特別な運気となっています。

3月、8月、そして11月~12月は最高にあなたが輝ける時。この時期は、おひつじ座に入っていた木星がうお座に戻っているタイミングとも重なり、あなたの夢の実現に向けて強く背中を押してくれる運気となっています。夢でつながる仲間にも恵まれるので、困った時には多くのサポートを受けられるはず。

一方で、つながる仲間もいれば離れていく人も多くなるのが離宮の年の特徴。恋愛は短命に終わることが多く、今年の出逢いはあまり地に足のついたものとは言えないかもしれません。

しかし、ドラゴンヘッドを自身の星座に迎えていることを考慮すると、どんな強い力が働いても離れられないような特別なご縁で結ばれる相手に出会える可能性もゼロではない!試されるような試練があったとしても、「この人となら大丈夫」と思えるような相手であれば、その人はあなたの運命の人なのでしょう。

仕事もプライベートも、ずっと”恋”をしているようなトキメキにあふれた年になりますので、知らず知らずに無理をしがち。(たとえば、夢中になり過ぎて徹夜で仕事をしてしまったり)自覚症状なく病気が進んでしまうこともあるので、健康診断は必ず行ってくださいね!

吉方位:南南西、東、南東、北東

素敵な2022年になりますように(*´∀`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました