✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【双子座の新月】好奇心の向かう先を見据えて行動しよう

【双子座の新月】好奇心の向かう先を見据えて行動しようのアイキャッチ画像 月 moon
この記事は約4分で読めます。

5月30日の双子座の新月について、また、新月の過ごし方や新月のお願いごとについても、ホロスコープを交えて解説していきます。

ブラックムーンの双子座の新月!

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

5月30日の双子座新月のホロスコープ

5月30日の双子座の新月のホロスコープ解説画像

5月30日時間にして20時31分に、双子座で新月を迎えます。
5月は牡牛座の新月に続き、2回目の新月です。

1ヶ月に2回新月が起こるのはとても珍しいことで、2度目の新月のことをブラックムーンと呼んだりします。

ホロスコープを見てみると、太陽と月は5ハウスで重なっているのがわかりますので5ハウスの新月ですね。

5ハウスには
逆行中の水星も滞在。

双子座のキーワードは、
「学び、コミュニケーション、知識、臨機応変」などになります。

5ハウスは、
ワクワクすること、遊び、恋愛、趣味、そしてクリエイティブな場所になります。

双子座も、そして今回新月が起こる5ハウスも、外に出ていくような場所になりますので、どんどん行動的になっていくと良いときと言えます。

ただ、新月を迎える5月30日は、水星がまだ逆行している状態です。
水星は、今回新月を迎える水星を見守ってくれている天体になります。

そんなことから、
いつも以上にコミュニケーションのトラブルが起こりやすかったり、伝達ミス的なことが起こってしまったりすることもあるかもしれません。

新月といえばスタートの時なのですが、
行動してみて、なかなか思うようにいかないことも出てくるかもしれません。

スタート地点に戻されてしまうような、もどかしさを感じることもあるでしょう。

それでも諦めないこと。

こういう時期なんだ!
と思っておくと、たとえうまく進まないことがあったとしても受け入れることができます。

6月3日は水星の逆行が終わり、スムーズにことが進むようになっていくはずです。

そんなことから、
ふたご座新月のスタートは無駄になりません。

幸運の木星は牡羊座に滞在中

5月30日の双子座の新月のホロスコープ解説画像

今現在、幸運の星である木星は牡羊座に移動している状態です。
木星は、火星とほぼ重なっている状態。

木星と火星が在住しているのは、双子座のハウスである3ハウスになります。

3ハウスから、木星と火星が新月に向けて行動のエネルギーを送ってくれている状態になりますので、今スタートすることは

多少スタートダッシュが悪いこともあるかもしれませんが、大きく育ちやすいということでもあります。

牡羊座という場所は、火星にとってもナチュラルハウスでホームになりますので、とても居心地がよく、力を発揮しやすい状態です。

火星の勢いが「とにかく行動しようよ。」と
訴えかけてきますが、闇雲に行動するのではなく、あなたのたどり着きたい場所に向けて必要な行動をとっていく。

というイメージです。

人それぞれ、軸となるものがあるはずです。
軸からブレない行動とは、あなたにとって何なのか?

どんな行動をすれば、いきたい場所に辿り着けるのか?

どこに向かうか決めた上で、勇気を出して一歩を踏み出してみると良いと言えるでしょう。

大切なポイントは、
とにかく波に乗ること。

宇宙の後押しの力に乗ることで、色々なことがスムーズに進むようになります。

今回新月が起こる5ハウスという場所は、
「ワクワクすること」がポイントになる場所になります。

双子座は風の星座ですし、身軽になって波乗りすることがキーワードと言っても過言ではありません。

軽やかに、進みたい方向に進むために必要なことをどんどん取り入れていけるといいですね。

双子座の新月のお願い事

今回の双子座の新月のお願い事

・ワクワクする方向に進めています
・諦めずに前に進めています
・ゴールに少しずつ近づけています

など

今回はとにかく「自分自身の好奇心を満たしてあげること」がテーマになります。

何に興味関心を持っているのかわからない。
という方は、自己分析からスタートされてみるのもおすすめです。

本当に好きなこと、やっていきたいことは
子供の頃好きだったことの中にヒントが隠れていたりすることも多々あります。

子供の頃というのは、まだまだ魂と繋がっていたため、メッセージを受け取りやすかったためです。

あの頃を思い出し、好きだったことにもう一度挑戦してみるのもおすすめの過ごし方と言えるでしょう。

コメント