✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【西洋占星術入門講座18】12星座の基本~おとめ座~ロマンティストな「乙女」だけど実は骨太!決してブレない芯を持つ星座

【西洋占星術入門講座18】12星座の基本~おとめ座~ロマンティストな「乙女」だけど実は骨太!決してブレない芯を持つ星座のアイキャッチ画像 西洋占星術講座
この記事は約5分で読めます。

「おとめ」という響きからイメージするのは、清楚な女性でしょうか?

辞書によれば、「年の若い娘」「処女」です。

そこから連想されるおとめ座像とは?

おとめ座にはどのような性質があるのでしょうか?

今日は、「おとめ座」の世界をのぞいてみましょう。

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

清楚で堅実!才色兼備な優等生的星座

「おとめ」という言葉から連想されるように、男女ともに、落ち着いた雰囲気を醸し出している方が多いです。

鋭い観察眼と分析力を持っているため、どんな環境においても自分の立ち位置をよくわかっています。

ゆえに、必要以上に背伸びをして身の丈以上のことをしようとはしません。

自分を良く見せようとすることも少ないでしょう。

地星座らしく、しっかりと大地に足を着け、コツコツと努力を積み重ねて山の頂上を目指すタイプの星座です。

また、自らが置かれた環境において「自分は何をすべきなのか?」「どうすることが自分に課せられた使命なのか?」ということを真面目に考える人です。

他の人ならば気づかないようなところまで目が届き、きめ細やかな仕事ができる人。

そのため、おとめ座の女性は、いわゆる「お嫁さんにしたい人」と称されることも多いでしょう。

おとめ座の基本データ

【支配星】
水星

【分類】
地星座
柔軟宮

【キーワード】
・清楚
・清潔
・シンプル
・潔癖
・完璧主義
・批評的
・分析的
・緻密
・女性性

【ラッキーアイテム】
・石鹸
・シャンプー
・手帳
・ペット
・根菜類
・ダークグリーン
・北西
・月曜日、水曜日
・数字の5、14、23
・サードオニキス

【得意なこと】
・人や物事を観察すること
・動植物を育てること
・分析すること
・身の回りを整えること
・人に教えること
・奉仕(人の役に立つために動くこと)

【苦手なこと】
・臨機応変に対応すること
・新しくなにかを始めること
・組織などを立ち上げること
・変化
・柔軟に対処すること
・多様な意見を受け入れること

おとめ座さんの裏の顔

地に足のついた「現実的な感覚」の持ち主ですが、その一方でどの星座よりも「ロマンティスト」な面も持ち合わせています。

一見クールでドライのようにすら見えますが、実はハッキリとした「理想の恋愛」があり、異性に求める理想も高め。

相手に対して、「理想の恋愛ストーリー」を一緒に作り上げてほしいという願望を持っているところもあり、それでいて愛情表現は苦手だったり・・・と、なかなか複雑な精神構造を持っている星座です。

そのため、つき合っている相手は、おとめ座さんの本当の気持ちがわからなくて不安になることも少なくありません。

分析癖があるので、周りから見ると「なんか怒ってる?」「今日、機嫌悪いのかな。。。」とモヤモヤすることもあるでしょう。

しかし、基本的にはどんな相手も「理解」しようとする努力を怠らないのが、おとめ座さんの魅力の一つ。

先入観で人を裁くことはないため、基本的には誰に対しても誠実に、真摯に向き合おうと努力する星座さんです。

相性の良い星座

相性は流動的なものであって、固定されたものではありません。

しかし、気質的には、同じ地星座であるおうし座、やぎ座の人とは意気投合しやすいでしょう。

いずれも堅実で慎重な星座なので、物事を進めていくスピードも合いやすく、いわゆる「息が合う」という関係になりやすい相性です。

また、水星座であるかに座、さそり座さんとも好相性。

「言葉にしなくても伝わる」と感じることも多く、精神的に深いつながりを実感できるでしょう。

ただ、同じ水星座でも、うお座だけはお互いの欠点が気になりやすい相性かもしれません。

それでも、同じ柔軟宮なので、「適応力が高く、周りに合わせられる」という点は似ているはず。

他に、ふたご座、いて座も柔軟宮なので、人間関係における行動パターンは「似ている」と感じる部分が多いでしょう。

分かり合うのに努力が必要な星座

おひつじ座、しし座の方とは、行動のスピード感も価値観もかなり違いそう。

物事を新調に、確実に進めていきたいおとめ座さんに対して、火の星座の人はせっかちな傾向があります。

ただ、しし座は隣り合う星座なので、互いにちょっとあこがれを抱きやすい関係。

互いに足りないものを補い合えるような関係になるでしょう。

しし座が持つ華やかさや、堂々とした立ち振る舞いは、おとめ座にはないもの。

ですから、純粋にあこがれたり尊敬したり…という感情を抱きやすい相手だと言えます。

また、みずがめ座さんとも努力が必要な相性。

おとめ座さんが口うるさく相手の欠点を指摘し、みずがめ座が逃げる…という構図になりやすいので気を付けましょう。

ひらめき型のみずがめ座と、緻密な計算型のおとめ座さんは、どちらも「天才」と表現されることがありますが、その方向性が違っています。

しかし、タッグを組めば最強の二人ともいえるかもしれませんね。

まとめ

「清楚」「清潔」「完璧」の代名詞のような星座である、「おとめ座」についてご紹介しました。

最後に・・・、おとめ座にまつわる神話をご紹介します。

おとめ座の「おとめ」とは、大地と穀物の神である「デメテル」の娘、ペルセフォネ。

ある日、ペルセフォネは、美しい花を見つけます。

そして、その花を摘み取ろうとするのですが、それは冥界への入り口でした。

冥界の王であるプルートがペルセフォネに恋をし、連れ去ろうとしたのです。

母であるデメテルが見つけた時には、すでに彼女は冥界のザクロの実を食べてしまっていて、簡単には冥界を出ていけない身体になっていました。

そこで、ゼウスのはからいにより、、1年のうちの8か月は地上にいるデメテルと暮らせるようになったのです。

このエピソードからもわかるように、おとめ座さんは順応性が高く、環境や相手の色に染まりやすいところがあります。

ゆえに、恋愛では相手の影響を受けやすいという性質も。

それでいて完全に相手の色に染まり切らないのがおとめ座さんの強いところであり、魅力でもありますね。

人に対して寛容でありながら、絶対に譲れないという頑固さやブレない価値観を備えている、実は骨太な星座なのです。

コメント