✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【占い師さんのための集客講座9】発信のネタが尽きてしまう理由

【占い師さんのための集客講座9】発信のネタが尽きてしまう理由のアイキャッチ画像 占い師のための集客講座
この記事は約4分で読めます。

占い師さんのための集客講座の第9回目としまして、発信ネタが尽きてしまう理由と対処方法について、ご紹介していきます。

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

発信のネタが尽きてしまう理由とは?

SNSやブログなどで、何を発信すればいいのか分からない。
発信のネタが尽きてしまい、なかなか書けません。

というお悩みをよくお聞きします。

なぜ、こういうお悩みが出できてしまうのか?

理由は簡単で、「あなたが本当に伝えたいメッセージを明確にしていないから」です。

誰のどんなお悩みを解決したいのか?
どんなメッセージを伝えていきたいのか。

これらが明確に定まっていないため、迷子になってしまっているだけです。

反対に、伝えたいメッセージをきちんと持っていたり、自分自身の立ち位置が明確であれば、ネタが尽きるなんていうことにはなりません。

色々な角度から、伝えたいことを発信していけばいいからです。

ネタが尽きてしまうという方は、
コンセプトの部分がブレてしまっている可能性大です。

この部分を整えていくことで、ネタが尽きるということは無くなっていきます。

ネタを探そうと思うから、なかなかネタが見つからない。
ブログ1記事書くのに1日時間を使ってしまう。

ということになってしまいます。

あなたのコアなコンセプトは何ですか?

ネタは大量に用意する必要なんて無く、

・ターゲットのお客様に伝えたいこと
・情熱を持って伝えていきたいこと

を分解した上で、色々な角度から伝えていくことで、結果的にターゲットの方々に刺さる発信ができるようになっていきます。

具体的には、

・自分自身の体験を語ること
・今いるお客様の体験談を語ってみること
・本で読んだり、何かで見聞きしたこと
など。

日々の経験を用いて、色々な角度から話すことは出来るはずです。

その結論に至るまでの過程が違うだけで、結論が同じでもOKなのです。

なぜなら、それがあなたのコアなコンセプトの部分だから。

伝えたいメッセージがバラバラ、ブレているから、なかなかお客様に刺さらないだけです。

一つのコアなメッセージを決めたら、そこに集中すること。

一つの結論に向けて、日々の体験の中から得られた考察を語ってみたり、学んだ中で得られたことをお伝えしてみたり。

お役に立つコンテンツになりますし、日々の体験を交えてお伝えしていくことで、親近感が湧いたりもします。

あなたの考え方なども伝わるため、
「この人いいな」と思っていただけるようになっていきます。

ネタは探し出すものではなく、ある所から広げていくこと。

ネタがないと思っているうちは、
「コンセプトがまだまだブレているんだ。」と考えられてみてください。

あなたがターゲットの方々に本当にお伝えしたい、コアなメッセージは何ですか?

ぜひ
時間を作って考えてみてください。

あなたが情報発信する目的は?

もう一つ別の視点から見ていきましょう。

あなたが情報発信する目的は何ですか?

当然ながら、集客に繋げたいからですよね。

集客すること。
あなたの商品を購入していただくことがゴールのはずなのに、いつの間にか情報発信が目的になってしまっている方を多く見かけます。

発信=商品までの道になります。

発信のことで頭が一杯になり、
商品を販売することがゴールのはずなのに、なぜか発信がゴールになってしまう。

手段と目的の混合を起こしてしまっている方もかなり多かったりします。

何のために発信するのか?
を一度考えてみることも大切なポイントです。

何のための発信なのか?
商品への道を作るために発信するのであれば、例えばですが日々お客様からいただく質問などに対して、Q &Aをシェアしてみるのもお役立ちコンテンツですよね?

質問がくるということは、同じ疑問をお持ちの方もいらっしゃるはずです。
そういう質問をシェアしていくことで、喜んでいただける方も少なからずいらっしゃいます。

何のために?
という視点で考えていくと、どんな内容を発信すればいいのか?
色々とアイディアが膨らんでいくはずです。

まとめ

それではまとめです。

・発信のネタが尽きてしまうのは、コンセプトが定まっていない場合が多いということ
・ターゲットのお客様に向けて伝えたいコアなメッセージを色々な角度から発信するため、ネタが尽きることはないということ
・何のために発信するのか?きちんと考えた上で発信していくこと

これらを行っていくことで、きちんとお客様に刺さる発信ができるようになるはずです。

コメント