✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【ルーン占い講座23】ルーン文字解説㉑MANN マン「人は一人では生きられない」

【ルーン占い講座23】ルーン文字解説㉑MANN マン「人は一人では生きられない」のアイキャッチ画像 ルーン占い講座
この記事は約4分で読めます。

文字が記されているルーンは全部で24種類あります。

今回は「マン」に注目!

アルファベットの「M」を変形させたような形状のルーン。

そこに秘められた意味とは?

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

マンは「人間関係」を表すルーン

【ルーン占い講座23】ルーン文字解説㉑MANN マン「人は一人では生きられない」のアイキャッチ画像

「マン」が表しているのは、ズバリ「人間」。

言われてみれば、二人が肩を組んでいるような形にも見えますね。

ここでいう「人間」とは、男女の性別も人種も関係なく、純粋に「人」そのもの。

あらゆる垣根を超えて手を取り合い、時には助け合う「人と人」の関係を表しています。

したがって、マンには「人間関係」「協力関係」「チームワーク」などのキーワードが与えられています。

絵柄からもイメージできるように、ここでいう「人と人」は対等で平等です。

分け隔てなく助け合い、多様性を認めて互いを尊重し合う関係を表すルーン。

それはまさに、12星座でいうとことの「みずがめ座」の世界観と重なりますね。

タロットカードで言うと「星」

タロットカードで「人間関係」や「協力関係」を表すカードは複数あります。

例えば、カップ2、カップ3、ペンタクル3など。

カップ2は、杯を交わし合う男女が描かれていて、これから始まる二人の新しいラブストーリーを想起させます。

カップ3はまさに「人間関係」のカードで、3人の女性が楽しそうに乾杯している絵柄。

ペンタクル3は、3人の人物が仕事の打ち合わせをしている様子が描かれています。

いずれも対等な関係性であり、ルーン「マン」のイメージと重なるのですが、ここではあえて「星」のカードを取り上げます。

「星」は、「みずがめ座」を象徴するカードだと言われています。

描かれているのは、輝く星空の元で二つの水瓶を持って海と大地に水を注ぎ込んでいる女性。

この女性は全裸であり、そこには「裏表がなく、ピュア」であることが表現されています。

さらに、この女性は妊婦だという説も。

そこから、「希望」を表すカードだとも言われているのです。

みずがめ座が持つテーマも、「希望」。

分け隔てなく人々と協力し合い、様々な考え方や価値観を融合させながら新しいものを生み出していく力があります。

それはまさに、ここに描かれている女性のイメージそのもの。

そして、この女性が持つ博愛精神こそが「マン」に秘められているメッセージでもあるのです。

正位置・逆位置の意味の違いは?

ルーン占いにも、タロットカードと同じように「正位置」と「逆位置」があり、解釈には微妙な違いがあります。

ここでは、マンが正位置で出た場合の意味をご紹介します。

【正位置】
★キーワード
人間関係、協力、チームワーク、助け合い

★全体運
・助け合う関係
・手と手を取り合って進めていく
・意見を出し合う
・冷静に話し合って解決する
・ギブアンドテイクの関係性
・感情に左右されない

★恋愛
・対等な関係
・簡単に揺らぐことのない信頼関係
・助け合う誠実な恋愛関係

★仕事
・周囲と助け合って進めていく
・win-winの取引
・ビジネスパートナーに恵まれる
・誠意や意欲が認められる

★健康
・頑健な健康状態
・規則正しい生活が功を奏する
・管理された生活習慣

続いて逆位置で出た場合の解説です。

【逆位置】

★キーワード
孤立、独断、損得感情、ワンマン

★全体運
・自分のやり方や考え方にこだわる
・わがままで孤立する
・人の考え方を受け入れられない
・自己主張が強い

★恋愛
・分かり合えない恋愛関係
・対等な関係を築けない
・二人の価値観に距離がある
・一人でいるほうがラクだと思ってしまう

★仕事
・ワンマンで孤立する
・孤立無援な状態で仕事を進める
・困っても助けてもらえない

★健康
・不摂生による悪影響
・虚弱体質

正位置で出ると対等な関係で協力し合えることを表しますが、逆位置だと二人で手を取り合ったまま落ちていくような形になります。

人と協力し合うことに負担を感じ、人と向き合うことを避けるようになることを表す状態。

逆位置で出た場合は、自分でも気づかない間に殻にこもってしまい、無意識のうちに他者を排除しているかもしれません。

また、恋愛では、相手に合わせようとして無理をしている暗示でもあります。

自分の気持ちに偽りがないかどうか?じっくりと自分自身を向き合うべきタイミングと言えるでしょう。

まとめ

ルーンの「マン」はタロットカードでいうと「星」に近いカードです。

言うまでもなく、人は一人では生きていけません。

だからこそ、他者と手を取り合うことが大切。

人との関係性の中で、私たちの人間性は育まれていき、人として成長していくのです。

また、マンは、精神的なつながりというよりもより現実的なつながりを表すカードでもあります。

つまり、遠くから見守る、応援している・・・というサポートはマンには含まれません。

正確には、より”具体的に”手助けすること、金品で支援することなどがマンの本当の意味です。

マンのルーンが出た時には、今の自分には他の人のために何ができるのか?何を与えられるだろうか?・・・というテーマについて考えてみると良いでしょう。

コメント