✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【12星座同士の相性編8】双子座×「獅子座」「乙女座」「天秤座」「蠍座」

【12星座同士の相性編8】双子座×「獅子座」「乙女座」「天秤座」「蠍座」のアイキャッチ画像恋愛
この記事は約8分で読めます。

12星座同士の相性編8回目の今回は双子座×「獅子座」「乙女座」「天秤座」「蠍座」の相性についてお伝えしていきます。

ふたご座は12星座で一番「頭のキレる星座」と言っても過言ではありません。

知的好奇心が旺盛で、フットワークが軽く、先見の明を持つクレバーな星座!

時代を作っていくような、先進的なエネルギーを秘めています。

そんなふたご座と他の星座の相性はどうなのか?

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

ふたご座×しし座

【基本相性】♡
ふたご座は風の星座、しし座は火の星座です。お互いにノリが良く、根っこが明るい者同士なので意気投合しやすい相性。お互いに新しいことや楽しいことが大好きなので、会話もかなり盛り上がる二人でしょう。一緒にいると話が尽きることがなく、時間を忘れてしまうことも多いはず。

なんといっても二人ともオープンな性格なので、一緒にいると気分が上がる!モチベーションが上がる!という好循環を生み出せる関係です。お互いの良い所を引き出し合うことができるため、ビジネスでタッグを組むと大きなことを成し遂げられるような組み合わせですね。

【注意点】
しし座はプライドが高いため、自分を後回しにされると「ないがしろにされた」と感じてしまうことがあります。ふたご座は交友関係が広いゆえ、そんなつもりがなくてもしし座さんをそんな気持ちにさせてしまうことがあるでしょう。やり過ぎるのも良くないですが、意識的にしし座さんに対しては「あなたは特別な存在」という接し方をしておくほうが関係がうまくいきそうです。

また、お互いにさっぱりした性格ではあるものの、しし座のほうがやや独占欲が強いところがあります。対するふたご座は物事や人に対して過度に思い入れをしない星座。ゆえに、しし座さんに対して「ちょっとめんどくさい」と感じてしまうことも…。

ただ、それだけ情に厚く、「自分が認めた相手は大事にしたい」という気持ちの表れでもあります。お互いの気持ちや性質を汲んで、適度な距離感を探り合いながらお付き合いしていくことが大事です。

【恋愛成就&長続きのポイント】
お互いに恋愛に関してはそれほどガードは固くない二人。恋もオープンなので、「いいな」と思えばスピーディに恋が進展していくでしょう。

しし座さんはドラマティックな展開に弱いところがあるので、アプローチする場合は雰囲気づくりも大事です。もっとも、ふたご座さんはその辺は器用なタイプなので、しし座も納得のシチュエーションを作り出すことができるでしょう。

また、しし座は自分が努力家である分、自分に自信がありますし、恋愛に求める理想も高くなりがち。パートナーにはいつでもキラキラしていて欲しいと思っていますし、自分自身もステキな人であろうと自分を磨き続けます。

ふたご座さんも、常に自分を高める努力は継続していくようにしましょう。それは外側の“美”という意味だけではなく、「知識に磨きをかける」という意味でも大事なことです。

ふたご座×おとめ座

【基本相性】△
ふたご座は風の星座でスピード感があり、おとめ座は地の星座で慎重なところがあります。テンポもノリも違うのですが、どちらも水星を支配星としている星座なので実は通じ合うところがある相性です。

お互いに知的好奇心が強く、また論理的な会話が得意。最初の印象としては「自分とは合わないかも」とお互いに思うかもしれませんが、一度話すと意気投合する可能性を秘めています。お互いが良き相談相手でなれる相性でしょう。知恵によってお互いを導き合える、とてもクレバーな関係性です。

アツくならず、物事を冷静に分析できる組み合わせ。なので、気まずくなることがあっても、最終的には話し合いで解決できるという強みもありますね。

【注意点】
お互いにちょっと神経質なところがあります。特に、おとめ座はふたご座の何気ないジョークに傷ついてしまうこともありそう。ふたご座としては全くそんなつもりがなく、軽いノリで言ったことが、相手にとってはショックなことだったりするので注意しましょう。

また、ふたご座が持つ二面性がおとめ座を困惑させてしまうことも。悪い方向に考えてしまい、一人でネガティブループに入ってしまうこともあるかもしれません。

逆に、おとめ座の細かい指摘がふたご座にとって窮屈に感じてしまうこともあります。違いがある二人だからこそ、相手の様子をよく観察しつつ、適切な距離感を保ってお付き合いしていくことが大事です。

【恋愛成就&長続きのポイント】
おとめ座は慎重派で、恋愛に関してもガードが固い星座ですが、不思議とふたご座に対しては心を開くことができるでしょう。ふたご座のコミュニケーション能力のなせる業と言えるかもしれませんね。

基本的にはふたご座がリードし、おとめ座が合わせるという関係性でうまくいく相性。ですが、いつもいつも合わせているとおとめ座さんにもストレスが溜まります。ため込んでしまうといつか大爆発してしまうことにもなりかねませんので、不安や不満は小さなうちに小出しにしていくように。

また、お互いに「言葉」にパワーがあるタイプ。何気ないジョークでふたご座がおとめ座を傷つけてしまうこともあれば、おとめ座の一言がふたご座のモチベーションを下げてしまうこともあります。(たとえば細かいを指摘されたり、ミスを指摘されたり等)親しい関係性であればあるほど、言葉の選び方、言うタイミングに気を付けたほうが良さそうです。

2人とも、コミュニケーションは得意なのに愛情表現は不器用だったりします。特におとめ座は密かに「愛されたい」という気持ちを強く持っているので、ふたご座さんは照れくさくても、日常的になるべく愛の言葉を伝えてあげるようにしましょう。

ふたご座×てんびん座

【基本相性】♡
ふたご座もてんびん座も風の星座です。軽やかでさわやかなお付き合いをするタイプ。価値観やノリも合うので、とても居心地の良さを感じる相性でしょう。

お互いに会話上手でフットワークが軽く、あまり人に対して深入りしない&執着しない傾向があります。互いの自由を侵さないので、ほどよい距離感を保ちながら親密になっていきます。

双方とも流行に敏感で、テンポよく知的な会話を楽しめる二人。早い段階で意気投合するでしょう。ずっと話していても退屈しない相手です。

【注意点】
お互いになんでも話せる良きパートナーになれる相性。ただ、注意すべきことがあるとすれば、それはてんびん座さんが持つ「曖昧さ」です。

調和を重んじるてんびん座さんは、ともすれば相手の気持ちを慮り過ぎて優柔不断になることがあります。それは、即断即決タイプのふたご座さんから見るとイライラするポイントかもしれません。

しかしそれは、相手を想えばこそのこと。一つの愛情表現でもあるので、ふたご座さんはその点に理解を示してあげることが大事ですね。

【恋愛成就&長続きのポイント】
2人とも社交的でコミュニケーション能力が高いため、早い段階で相手の心を掴むことができるでしょう。素の自分でいられる相手なので、自然と距離は近づいていくはずです。

ただ、「友達」から恋人関係に進展するまで少し時間がかかるかもしれません。お互いに自由な気質のため、つかず離れずな期間が長くなりそう。恋愛ゲームを楽しむ傾向もあり、「両想いっぽいけど、決定的な一言がない」という状態をお互いに楽しむ時間になりそうです。

そこは、ふたご座さんのほうから一歩踏み込むと進展がスピーディーになるでしょう。

お付き合いが始まってからは、恋人であり親友でもあるという絶妙な関係を築ける二人。お互いに新しいことにも敏感なので、新鮮さをキープしながら良い関係を維持できるでしょう。

一方で、てんびん座さんは波風を立てないように相手の機嫌をうかがい過ぎてしまうところがあります。そこが、ふたご座さんからすると「本音がわからない」とモヤモヤするポイントかも。また、ふたご座にも二面性があり、それがてんびん座さんを不安にさせてしまいます。

お互いに、コミュ力が高いにも関わらず感情を見せることが苦手で「本当に伝えるべきこと」を伝えられない傾向があります。そこは両者ともに意識しておくべきところです。長く付き合っていきたいと思うのであれば、傷つくことを恐れず本音でぶつかり合うことも必要ですね。

ふたご座×さそり座

【基本相性】△
ふたご座は風の星座、さそり座は水の星座。一番の違いは人との距離感です。ふたご座は親密な関係はあまり得意ではなく、軽やかに、少し距離感がある付き合い方を好みます。一方、さそり座は信頼した相手とは深くお付き合いしたいタイプ。ふたご座から見ると、少し「重たい」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、どちらも知的な会話を楽しみたいという欲求があり、自分の知らないことをよく知っている相手に惹かれる傾向があります。その点では、お互いに相手の要望を満たせる人物ですから、実は相性が良い組み合わせ。意気投合すると良い関係を築けるでしょう。

物事に対して「広く、浅く」という関わり方をするふたご座から見れば、一点集中でとことんのめり込んで結果を出すさそり座は尊敬できる相手でもあるはずです。お互いに自分にないものを持っているので、尊敬し合い、良い刺激をもらえる相手でしょう。

【注意点】
「距離感」と「こだわり」。これがふたご座とさそり座の決定的な違いです。さそり座さんの一途さは、時としてふたご座にとって「束縛」に思えてしまうこともあるでしょう。その気持ちにこたえられない…と思い、距離を置いてしまうこともあるようです。

一方、さそり座から見ても、ふたご座のフットワークの軽さが「軽薄」に見えてしまうことも。二面性があることも「どこか信用できない」という印象に繋がってしまう場合があります。

お互いに、相手とは違いがある相性なんだということを認識し、自分にとっての「あたりまえ」や「こうあるべき」を押し付けないようにすることが大事です。

【恋愛成就&長続きのポイント】
ふたご座は、フットワークが軽く社交的に見えて、実は二面性がある星座です。また、さそり座は直感が鋭く、人の本質を見抜いてしまうようなところがあります。ゆえに、どこかお互いに警戒し合う部分があり、親しくなるまでは時間がかかるかもしれません。

しかし、相手の知性に触れるにつけ、徐々に警戒心は緩んでいくでしょう。心を許し合えば、他の人には見せない一面も見せられるようになるような相性です。

カップルさんは、なんといっても「距離感」が大事。お互いに干渉し過ぎないことが長続きのポイントです。価値観が違うことは大前提として、だからこそその違いを理解し合うこと、埋めようとする努力が求められるでしょう。

12星座同士の相性編8、双子座×「獅子座」「乙女座」「天秤座」「蠍座」の解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました