スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

白色の持つ力!「最近運気が低下している」と感じてる方は白の持つ浄化の力に頼ってみませんか?

白という色は、

白は浄化の色

「浄化の力がある色」と言われていますが、風水的にも白の持つ意味は浄化とされています。

 

運気が低下していると感じてる方が、白の持つ浄化力に頼ってみることで運気をアップしていく方法をご紹介します。

 

色は私たちの生活に影響を与えてくれるもの

 

カラーセラピーなどと言われたりしますが、身につける色などによって人生は変わっていったりするものです。

 

お財布の買い替えをする時などに「この色のお財布を持つことで金運が上がる」などと言われたりするように、お財布の色に関わらず、生活に関わる全てのものの色はあなたの人生に影響を与えるものなのです。

 

どんな色に囲まれて過ごすかによって、運気も変わってきます。

 

運気のみならず、色の力によって気分なども変わってくるものなのです。

 

運気の低下を感じる時

白は浄化の色

生きている中で、「最近運気が低下している」と感じることもあるはずです。

 

そんな時は、運気を上げるためにいろいろ考えてみるのが通常でしょう。

 

運気が低下していると感じる時に思い出していただきたいのが、「白色を身につけること」です。

 

白色には、「浄化をする力」があると言われています。

 

白という色を考えると分かりますが、どんな色とも合う色でもあります。

 

そして、邪悪なエネルギーを跳ね返すとされる色だと言われています。

 

白色を身につけることで、「あなたの中にある邪悪なエネルギー」を洗い流してくれることにもなるのです。

 

白を身につけることで人間関係を円滑に

 

前述の通り、白という色はどんな色とでも合う色でもあります。

 

そのため、人間関係を円滑に保ってくれるためにも一役買ってくれる色でもあります。

 

さらに、まっさらな白という色は「新しいスタート」を象徴する色でもあります。

 

どうしても、なかなか嫌な気持ちだったり、辛い気持ちを手放すことができないと感じてる方は、白いものを身につけることでいらないものを手放すことができるようにもなります。

 

2017年心機一転したい方は白いものを身につける

 

まだ2016年にあった出来事を自分の中で処理できていない。そう感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな時は、なんでも良いので白いものを身につけてみると良いでしょう。

 

白い服を身につけてみることで、「心機一転頑張っていこう」という気持ちになることもできますし、何でも良いので白を取り入れてみることで、気持ち的に楽になることも多々あります。

 

白いお財布を持つことで、今までの悪い金運とさよならすることも可能になるため、金運があまり良くないという状況の時には白いお財布を持つこともオススメです。

 

何れにしても、何かを変えたいと思ってる方は白を取り入れてみると良いでしょう。

 

知らず知らずのうちに白を選んでる時の心理

 

最後に、知らず知らずのうちに白を選んでしまっているということってあるかもしれません。

 

そんな時の心理状態は、「疲れている」のかもしれません。

 

何かしら、嫌だなと思うもの、捨ててしまいたい辛い経験を持っているのかもしれません。

 

そんな時は、いらない気持ちなどを断捨離する時です。

  • 白い服を選びがちだ
  • 白いものが欲しくなった

などという時は、自分自身を見直してみるチャンスだとわきまえ、いろいろと人生について考えてみると良いでしょう。

 

「○○が良いよ。」などと言われることには、何かしら理由があるものです。

 

白の持つ浄化の力についても、人の心理に基づくものなのです。

 

色を取り入れることで人生を少しでも良い方向に導くことができるなら、簡単ですよね?

  • 精神的に疲れている方
  • 体調不良を感じてる方
  • 自分の中にあるいらないものを捨てたいと思ってる方
  • 心機一転したい方

などは、白を取り入れてみることでいろいろ変えていくことができるはずです(*´∀`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク