✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【地に足がついたスピリチュアル講座9】パワースポットに行く本当の意味とは?

【地に足がついたスピリチュアル講座9】パワースポットに行く本当の意味とは?のアイキャッチ画像 幸せになる方法
この記事は約6分で読めます。

誰もが名前を知っているような大企業の創業者や、いわゆる「成功者」と言われる人々の中には、「時間を見つけてはパワースポットに行っています」とか「神社巡りが趣味です」とおっしゃる方が多いです。

だからと言って彼らの全てがスピリチュアルな分野に傾倒しているわけではありませんよね。

一体、彼らはなぜパワースポットに行くのか。

うまくいっている人たちがパワースポットを訪れる理由について考えてみました。

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

トイレ掃除と神社参り。目的は同じ!

成功者と呼ばれる人々は、神社巡りもさることながら「誰よりも早く出社してトイレ掃除をしています」とおっしゃる方も多いですね。

パワースポット巡りとトイレ。

一見関係がなさそうに思われるかもしれませんが、実はしっかりつながっています。

トイレは、人間が排泄物を流す場所ですから、放っておけばどんどん汚れるし臭くなりますよね。

掃除をしていつもピカピカの状態をキープしておくというのは、心に余裕がなければなかなかできないことです。(これは靴磨きにも通ずる考え方でしょう)

神社参拝も、「定期的に神様にご挨拶に行ったほうが難を避けられそう」とは分かっていても、やはり時間と心に余裕がないとできません。

トイレ掃除も神社参拝も、多くの人が「やったほうがいいのはわかっているけど、後回しにしがちなこと」という点で共通しており、成功者の多くは(神社参拝に限らず)そのような「普通の人がやらないこと」を長く継続できるから仕事でも一歩リードできるんですね。

スピリチュアルに見えて、実際はとても本質的なことなのです。

最初はいやいや掃除をしていたとしても、続けているうちに便器に対して「いつも汚いものを処理してくださってありがとうございます」という感謝が自然と生まれてきますし、これは神社で「いつも遠くから私たちのことを見守ってくださってありがとうございます」祈ることにも似ていますよね。

どちらの行動も続けていくうりに謙虚な気持ちを思い出させてくれ、それが巡り巡って人や仕事に対する態度にも表れてくるから彼らは長く業界のTOPを走り続けることができるのではないでしょうか。

パワースポットは自分を”チューニング”するための場所

人は易きに流れる生き物。

「今日から毎日トイレをピカピカにするぞ!」と気合入れて掃除したとしても、1週間もしないうちに2日に1回になり、3日に1回になり・・・気づけば一週間に1回になっているかもしれません。

また、神社で感じた神聖な気持ちも、日々の生活にかまけていればあっという間に忘れてしまいます。

みなさんもご自身の過去を振り返ると「そうだよなあ」と納得していただけるところではないでしょうか。

しかし、だからこそ意識的に「続ける」こと、トイレ掃除や神社参拝を習慣化することが大事なのです。

「”あたりまえのこと”に感謝することを忘れそうになったら神社に行く」

「謙虚さを忘れているなと思ったら、念入りにトイレを磨く」

まるで瞑想中に何度も意識を中心に戻すように。たとえてみれば、自分の意識を「チューニング」するような感覚です。

「心の軸がズレてきたら戻す」「ズレないように定期的にパワースポットに行ってチューニングする」

これを続けているから成功者は成功者であり続けられるのだと言っても過言ではないでしょう。

別に、特別な霊力やスピリチュアルな力に恵まれているから成功できているわけではないのです。

苦しい時だけ行くのでは意味がない

「苦しい時の神頼み」という言葉がありますね。

「困ったときこそ神様にお願いしてどうにかしてもらおうよ」という意味に解釈している方も多いですが、本来は「困った時だけ神頼みをしても助けてもらえないよ。日常的に感謝の気持ちを忘れてはいけないよ」という戒めの言葉です。

実際、かつての日本人にとって神社を参拝することはごくごく日常的なことで、毎日だって神社詣でをしていた。

いつもお参りしていたからこそ、新年の参拝を「初詣」という言葉でわざわざ区別していたんですね。

今となっては「苦しい時だけ」の神社頼みになっている方も多いですが、本来はそれでは意味がありません。

ゲッターズ飯田さんをはじめ多くの専門家のみなさんもおっしゃっているように、神社で自分の願望を一方的に伝えてもほぼ叶うことはないでしょう。

なぜなら、幸運は”準備”ができた人のところに降り注ぐものだから。

目標の実現に向けて自分でしっかり準備をしてきた人であれば、本当にいるかどうかも曖昧な神様にわざわざ必死にお願い事をしたりはしないでしょう。

むしろ、「今日まで生かしてもらってありがとうございます」という感謝の気持ちだったり、「私のことはもう自分でどうにかするので、○○のことを守ってやってください」と他者の幸せを祈るようになるのではないでしょうか。

○○さんが幸せになれますようにと他の人のことを祈る。すると、逆にその○○さんもあなたのことを祈る。

そうやって、自分のことを祈ってくれる人が一人でも多くなるような生き方をすることが幸せへの道筋なのです。

人は祈ることで強くなれる

「え、わざわざパワースポットに行くのに、どうして他人の幸せを祈らなくちゃいけないの?やっぱり自分の幸せを一番に祈りたいよ。それが人間ってものでしょ」

そんな声も聞こえてきそうですが、実は誰かのために祈ることは巡り巡ってあなたの運を上げることにもつながるんですよ。

なぜなら、誰かの幸せを願う時、私たちの脳内ではベータエンドルフィンやオキシトシン、ドーパミンなどの幸せホルモンが分泌されるから。

これらのホルモンはモチベーションをアップさせるばかりではなく、記憶力や集中力まで高めてくれるのです。

つまり、「○○さんがうまくいくといいなあ」「○○さんが幸せになったらいいなあ」という祈りを捧げることで、あなた自身の心身の状態や社会的なパフォーマンスにもプラスの効果がもたらされるということ。

自分のためだけではなく”誰か”のために祈ることによって自分の能力を開花させることだってできるというわけです。

パワースポットで願いごとをする場合は、自分の願い事に加えて”誰か”の幸せにも想いを馳せてみることをおススメします。

【まとめ】幸せの近道は「当たり前の日常」を大切にすること。パワスポ巡りはその練習!

成功者たちがパワースポットに通う理由、パワースポットに行く場合の心構えについてまとめました。

願望実現や引き寄せをスムーズにするためにポイントを整理します。

・トイレ掃除も神社の参拝も、本質は同じ
・パワースポットは心を整えるための場所
・たまに行って願い事だけするのでは意味がない
・人は自分以外の誰かのために祈ることで幸せになれる

プライベートや仕事でうまくいっている人々は、日常に潜む「あたりまえのこと」が決して当たり前ではないことをよく心得ています。

だから、特別なサプライズがない”日常のくらし”にも感謝できるし、その日常を維持するために小さな努力を大切にしているのです。

結局、当たり前のことにどれだけ価値を見出し、大切にできるかでこの先の未来は大きく変わるということなんですね(*´∀`*)

コメント