✨神吉日・大明日の日にスタート✨ この場所をクリックしスピ知恵CHANNEL登録で「神吉日・大明日」のパワーを受け取ってください。
✨こんなあなたへ、レイからのプレゼント✨
  • 大好きな占い・スピで豊かになりたい
  • 副業から始めたい

そんなあなたが、間違った方向へ行かないためにも一度目を通してみてください。

素敵な未来への道はこちら >

【インド占星術講座の8回目】3つの基本要素で人物像を把握する方法

【インド占星術講座の8回目】3つの基本要素で人物像を把握する方法のアイキャッチ画像 インド占星術講座
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、スピリチュアル知恵袋のレイです

今回は、インド占星術講座の8回目としまして 3つの基本要素を使い、チャートを読む方法についてを解説していきます。

この要素を読むだけでも、基本的な人物像が浮かび上がったりもします。

まずは動画でチェックしたいという方は、以下よりご覧いただけます。

3つの基本要素とは?

ちなみに、
今回お話する方法は、西洋占星術でも使う方法になりますが、

・どう言うエネルギーが強いのか?
・どんな資質を持っているのか?

など、ざっくりと人物像を把握することができます。

まず初めに、3つの基本要素とは、

・極性(2極)
・性質(3区分)
・エレメント(4元素)

になります。

極性とは、男性星座なのか、女性星座なのか?
性質、3区分とは、活動宮なのか、不動宮なのか?柔軟宮なのか?
エレメント、4元素とは、火、地、風、水のどのエレメントなのか?

12星座はどこに配置されているのか?のバランスをみていきます。

それでは1つずつみていきましょう。

極性(2極)

まずは極性(2極)についてです。

12星座は、男性星座、女性星座に分類されています。
男性星座は牡羊座から奇数番目の星座。
女性星座は牡羊座から偶数番目の星座。

男性星座は、牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座
女性星座は、牡牛座、蟹座、乙女座、蠍座、山羊座、魚座

ですね。

男性星座は外に出ていくエネルギー、陽のエネルギー、積極的、外交的、論理的な星座になります。
女性星座は内側に向かっていくエネルギー、陰のエネルギー、消極的、内向的、直感的な正座になります。

性質(3区分)

次に、性質、3区分についてです。

12星座を、活動、不動、柔軟の3つの性質に分けることができます。

活動星座は、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座
不動星座は、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座
柔軟星座は、双子座、乙女座、射手座、魚座

になります。

牡羊座から12星座の順番に、
活動、不動、柔軟の順に回っていくと覚えると覚えやすいですね。

活動星座は、何かを始めるエネルギーが強い星座で、活動的で野心家。最後までやり遂げる忍耐力がない部分が欠点と言えます。

不動星座は、すでにあるものを安定させたり、継続させていくことに向いている星座。
忍耐強く、一箇所にとどまる方が多いです。
融通がきかなかったり、頑固で妥協しないところがある部分などが欠点と言えます。

柔軟星座は、活動、不動の両方の性質を併せ持つ星座です。
柔軟性があり、変化していくことが上手。
欠点は、注意散漫だったり、落ち着かないところです。

どれがいい、どれが悪いという訳ではなく、例えば不動宮にたくさんの星があれば頑固だけど、最後までやり遂げることができる人ということが分かります。

4元素(エレメント)

最後に、エレメント、4元素についてです。
タロットなどでも火地風水のエレメントは使いますので、慣れ親しんでいる方も多いのではないでしょうか?

火の星座は、牡羊座、獅子座、射手座
地の星座は、牡牛座、乙女座、山羊座
風の星座は、双子座、天秤座、水瓶座
水の星座は、蟹座、蠍座、魚座

になります。

牡羊座から12星座の順番に、火地風水が回っていく感じですね。

火の星座は、情熱的でクリエイティブな星座。
リーダーシップがあり、活動的。
自己中心的で忍耐力がない、自己抑制できない部分は欠点。

地の星座は、現実的で地に足がついた人生を歩める星座。
責任感も強い努力家。
どっしり構えていて動かない部分、保守的で頑固な部分は欠点。

風の星座は、コミュ力が高く知性が溢れる星座。
好奇心旺盛で機転もききます。
気まぐれだったり、風変わりな部分は欠点。

水の星座は、感性や感情を大切にする星座。
敏感で感受性が鋭いタイプ。
人に影響されやすいところやムードに流されやすい部分は欠点。

ちなみに、
西洋占星術とインド占星術で星座がお隣の星座に変わる方が多いということは、極性や性質、エレメントもガラリと変わるということになります。

私の場合は、
西洋占星術では火のエネルギーがとても強いタイプですが、インドでは水のエネルギーが強くなります。
そして、西洋では柔軟宮が多かったのですが、インドでは不動宮だらけになる・・

最初のうちは、
え?私が不動宮なの?と、なんとなく受け入れ難かったのですが、インドを追求し掘り下げていくうちに、
なるほど、確かに不動宮だわ。

と納得した次第です。

まとめ

これらの2極、3要素、4大元素を使い、大枠の人となりを掴むこともできます。

男性星座と女性星座のどっちが多いのか?で外交的か内向的なのか?
をみたり、

活動星座、不動星座、柔軟星座のバランスをみて、何かを始めるタイプなのか?形にするタイプなのか?変化していくことが得意なのか?

火地風水の偏りから、情熱的なのか?地に足がついているタイプなのか?
好奇心旺盛なのか?感受性豊かなタイプなのか?

ぜひご自身でも出されてみてください。

コメント