サイトをお引越ししました。はてなブログで読者登録していただいた方は、サイドバーにあるオレンジ色の「購読する」ボタンをどうぞ

月と共に生きるのに遅いなんて事はないんだという事!

月 moon
この記事は約4分で読めます。

こちらのブログでは、新月や満月、そして上弦の月、下弦の月や惑星の動きなどについてご案内していますが、月と共に生き始めるのに早いとか遅いとか、そんな事はありません。

たまに「もっと早く月と共に生きていればよかったです」というメールを頂きますが、今からでも決して遅いなんて事はありませんので安心してくださいね。

 

いつ始めようと、あなたが始めようと思った時がスタートの時でいいのです。

 

過去は関係ありません。

 

今からでも、月の流れと共に生きる習慣をつけてみませんか?

 

スポンサーリンク

月の流れを感じながら生きる贅沢な時間を

 

忙しい日々を繰り返していると、なかなか夜空を見上げるタイミングって作るのが難しかったりしませんか?

 

考え事をしながら歩いていたりすると、空を見上げることってなかなかありません。

 

数年前までの私の生活には、「月」は存在していませんでした。

 

下ばかり向いて歩いていたからです。

 

下ばかり向いて、常に何かしら考え事をしながら道を歩いてた私の生活はまさに下向きでした。

 

でもある時から、夜空を見上げる生活をするようになってからは、どんどん私の人生は上を向き始めました。

 

月ってただ当たり前に存在しているもので、意識しなければあまり気づくことがない存在なのかもしれませんね。

 

でも、意識しだすと「月が私たちに与えてくれるパワー」を体全体で感じることができます。

 

昔から、月は私たち人間の人生になくてはならないものだったからです。

 

月のパワーはただ得られるわけではなく、意識しなければ得ることができないものなのです。

 

ふと夜空を見上げると浮かんでいる、私たちを見守ってくださっている月を感じながら生きる時間というのはとっても贅沢な時間なのです。

 

あなたが気づいたタイミングで大丈夫だということ

p>月とともに生きることは、あなたが気づいたタイミングで全く問題ありません。

 

ちょうど今回、しし座の新月が起こります。

 

7月23日18時46分にしし座で起こる新月ですが、新月なので月を見ることはできません。

 

でも、新月のパワーを感じることはできます。

 

最初からはもちろん難しいかもしれません。

 

姿かたちが見えない新月のパワーを感じるのですから。

 

でも、月とともに生きるのが日常の一部になれば、感じることができるようになっていきます。

 

月に関してはコチラもどうぞ

【下弦の月と上弦の月とは】スピリチュアル的な意味と見分け方と願い事
下弦の月(かげんのつき)と上弦の月(じょうげんのつき)は、それぞれ違った意味合いを持つ月になります。スピリチュアル的な意味と見分け方、またお願い事についてご紹介します。スピリチュアル的な下弦の月と上弦の月の時の過ごし方とは?

 

新月の日は、パワーが強い日であり何かしら育てたい事を新しく始めるのにとっても適した日です。

 

新しい何かを始める事ってパワーがいる事です。

 

でも、新月のパワーが後押ししてくれると考えると頑張る事ができませんか?

 

月が新月からだんだんと満月に向かって大きくなっていき、そして満月からまた新月に向かって一つのサイクルを終えていく。

 

そんな夜空の月とともに生きて行くことで、ちょうど良いサイクルで生きていくことができるようにもなるのです。

 

新月の日のお願い事こそあなたを幸せに導いてくれるもの

 

新月の日にお願いしたことは叶うなどと言われてますが、あながち間違いではありません。

 

新月の日のお願い事は、私自身はアファメーションだと思っていて、「自分への誓い」というのが正しい解釈なんじゃないかと思ってます。

 

新月という月が0から最大に向けてスタートしていくときに、自分に対して満月までにしたいことに対する誓いを立ててみるのです。

 

そして、月の成長とともに自分自身の誓いも実現できると考えるとそれは素敵なドラマですよね?

 

新月のお願い事こそ、あなたが幸せになるための道しるべなのです。

  • なかなか前に進むきっかけが見つからなかった方
  • 新しく何かを始めたいけど、一歩を踏み出せない方
  • メリハリのある生活を送っていきたいという方

など、是非月と共に歩む人生を送られてみてください。

 

それができるようになると、あなたの人生で実現できることって本当に驚くほど増えていきます。

 

もちろん、すぐに変わる訳ではありません。

 

ある時気付いた時に、「私こんなに変わってたんだ!」ということに必ず気づくはずです。

 

月と共に生きて幸せを感じることができる女性が増えていきますように(*´∀`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
月 moon
この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします。
reiをフォローする
スピリチュアル知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました