サイトをお引越ししました。はてなブログで読者登録していただいた方は、サイドバーにあるオレンジ色の「購読する」ボタンをどうぞ

【コンフォートゾーンの一歩外へが成長の鍵】恥をかくことを極端に恐れていませんか?

この記事は約3分で読めます。

 

今あなたが居心地が良いと感じてる環境と言うのは、あなたにとってのコンフォートゾーンです。

【コンフォートゾーンの一歩外へが成長の鍵】恥をかくことを極端に恐れていませんか?

コンフォートゾーンの一歩外に出ることが成長の鍵だという事について、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

コンフォートゾーンとは?

 

コンフォートゾーンという言葉を聞いたことがあると言う方は、多いかもしれませんね。

 

コンフォートゾーンとは、あなたにとって快適な場所の事を言います。

 

快適な場所であり、あなたの最大のパフォーマンスを発揮しやすい、そんな場所です。

 

仕事で考えてみると、会社に入社して数年が経ち、何でも自分で出来るようになり、そして後輩に教える事が出来るような、そんな立場です。

 

色々な問題が起こったとしても、自分自身で処理できるようなそんな状況は、まさしくコンフォートゾーンです。

 

ただし、コンフォートゾーンにいる限りこれ以上の成長も望めないという場合も多々あります。

 

後輩たちから親しまれ、そして仕事を教えて、自分の能力ですべて賄える、そんな状況にいると正直言って楽ですよね?

 

これで十分と思ってしまいがちになります。

 

会社に入った当初は、一生懸命に仕事を覚えようと努力します。

 

しかしながら、ある程度自分で出来るようになると努力する事もなくなっていくはずです。

 

人が成長できるのは、コンフォートゾーンを一歩外れた時だと言われています。

 

コンフォートゾーンを一歩外れることで成長出来る

【コンフォートゾーンの一歩外へが成長の鍵】恥をかくことを極端に恐れていませんか?

コンフォートゾーンを一歩でたエリアにいると、人は緊張します。

 

自分の守備範囲じゃなくなるためです。

 

何かが起こった時に、自分自身で解消したりする事が出来ない場合もあるかもしれないためです。

 

また、コンフォートゾーンから外れているため、恥をかく可能性も多々あるためです。

 

自分の守備範囲じゃないため、恥をかく事も多々出てきますよね?

 

しかしながら、成長できる状況である事は間違いありません。

 

この状況にいると、人は成長することができると言われています。

 

高い目標を持ち続けること

 

人は、常に高い目標を持ち続けることで成長していくことができます。

 

自分の能力を超える部分を目標としていく事で、常に新しいチャレンジをしていく事になりませんか?

 

この新しいチャレンジこそ、どんどん人を成長させていくものなのです。

 

新しいチャレンジをする事で、もしかしたら失敗して恥をかく事になるかもしれません。

 

でも、別に恥をかくこと位どうって事ない事なんです(*’ω’*)

 

私も、ちょっと前までは極端に恥をかくことを恐れていました。

 

「失敗したらどうしよう…」「誰かに笑われて恥をかく事になったらどうしよう…」

 

そう思う事も多々あるかもしれません。

 

しかしながら、人は誰かの失敗なんてそんな気にも留めないものです。

 

要は気にしすぎなのです。

 

どんどんチャレンジして、失敗していくことが成長の鍵となっていくのです。

 

コンフォートゾーンを抜け出す事が夢実現の第一歩

 

コンフォートゾーンを抜け出すことって、正直言ってそう簡単にできる事ではありません。

 

抜け出すのも大変ですし、なんと言っても「あなたがコンフォートゾーンから抜けること」をとめる人も出てきます。

 

人は楽したい生きものです。

 

そして、道ずれになってくれる人が欲しいいきものなのです(>_<)

 

引き止められても、自分で決めた道を進んでいく決意をすることが非常に重要です。

 

あなた自身の人生なのです。

 

コンフォートゾーンから抜け出す事が、あなたの成長の第一歩となるはずです。

 

常に、高い目標を持ち続けることで常に成長していくことができるのは、こういう理由からです。

 

人にどう思われようと、はっきり言って関係ありません。

 

自分の目標だけみて進んで行くことで、どんどん成長していくことができます。

 

未来に向けて、まず第一歩を踏み出してみませんか?

 

素敵な未来が待ってるはずです(*´▽`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
幸せになる方法
この記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします。
reiをフォローする
スピリチュアル知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました