スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

三日月の受け月に祈る事で願いが叶うというお話を知りました

 

秋が近づき、空が澄んでくるようになりました。

三日月の受け月に祈る事で願いが叶うというお話を知りました

先日、お外での会食があり下弦の月を見ていた時に、三日月の受け月のお話を聞きました。

 

素敵なお話なので、ご紹介させて頂きます。

 

三日月の受け月とは?

 

受け月という言葉を聞いた事がありますか?

 

受け月とは、三日月の頃に月が受け皿のような形に見える、そんな時を指します。

 

三日月は、上弦の月、下弦の月と称されますが、受け月という言い方があるだなんて、また風情ですよね。

 

上弦の月、下弦の月について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックされてみてください。

受け月に祈ると願いが叶うという事

 

受け月に祈ると、願いが叶うというジンクスがあります。

 

三日月のお皿に水が溜まるように、願いを叶えてくれるんだそうです。

 

直木賞を受賞した、伊集院静さんの本で、受け月のお話が書かれているとの事で、伊集院静さんの本は読んだ事ありませんので、読んでみようと思いました。

 

三日月を、月の器と表現する事自体、とてもロマンチックな方なのかなと。

 

どうしても叶わない願いなど、三日月の受け月にお願いされてみると良いですね。

 

三日月に願いを込めてみて

三日月の受け月に祈る事で願いが叶うというお話を知りました

ここ最近、メルマガからお便りを頂くことがかなり増えました。

 

皆様、本当に色々と悩まれてる様子がうかがわれます。

 

そして、私に心の奥底の悩みを相談してくださるだなんて、信頼されてるんだと思ってます。

 

私は、ここから見守る事しか出来ませんが、皆様の願を先日の三日月の受け月に込めました。

 

その日の三日月は、私が今いる国からはいつもよりも鮮やかな色で、何かを主張してるような、そんな月でした。

 

調度その日、私に受け月の話をして頂けたのも、皆様の事を祈りなさいという事だったのでしょう。

 

受け月に願いを込めて二日後

 

受け月に、皆様から頂いたお悩みの願いを込めてみました。

 

欲張りと思われてしまうかなと思いながらも、全員分のお願いをしてみました。

 

そして先日、進展のメールを頂きました。

 

どうしてるかなと思ってたのですが、私の方から連絡する訳にもいきませんし、とても気になっている状態でした。

 

彼女は、前を向いて歩きだしていました。

 

もしかしたら、受け月に祈った願が通じたのかもしれません。

 

それにしても、月の器に水が溜まるように、願いが叶うだなんて、本当に素敵ですね(*'ω'*)

 

月は、9月1日の新月に向けて、どんどん細くなって行っています。

 

新月の日にスッキリと新しい誓いを立てたり、新しいことを始められるように、後数日準備をして行けると良いですね。

 

私は、今海外のスパでデトックスをしています。

 

どうしても、お付き合いで会食などが多いため、お肉が付きやすくなってしまいます。

 

定期的にデトックスを行わないと、大変な事になってしまいそうです(^_^;)

 

皆様も、新月に向けて、新しい始まりの日に向けてのラストスパートをされてみてはいかがでしょうか?

 

素敵な新月を迎えられますように(*´▽`*)