サイトをお引越ししました。はてなブログで読者登録していただいた方は、サイドバーにあるオレンジ色の「購読する」ボタンをどうぞ

ただなんとなくの不安が湧いてきたときはどうしたらいい?

この記事は約3分で読めます。

今までの人生、悲観的に生きてきたと言う方の場合、ポジティブに生きることを決意しても突然何の根拠もない不安が襲ってくることもあるものです。

ただなんとなくの不安が湧いてきたときはどうしたらいい?

そんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

 

根拠のない不安に襲われてしまった時の対処法法について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

なんとなく不安になってしまった時

 

人は誰でも、いつもポジティブに、いつも前向き、いつも元気一杯というわけにはいかないものです。

 

色々な出来事が起こるのが人生だからです。

 

今まであまりポジティブじゃない人生を送ってきたと言う方ほど、なかなかそういう訳にもいかないはずです。

 

なんとなく、根拠のない不安に襲われてしまった時。

 

そんな時はどうしますか?

 

そこで引きずられてしまうと、元いた世界に戻ってしまうことにもなりかねません。

 

なんとなく不安になってしまうと言う時の対処法は、

  • 不安に周波数を合わせないこと
  • あまり気にしすぎないこと

です。

 

不安に周波数を合わせないこと

不安に周波数を合わせないこと

不安と言う感情に、周波数をできるだけ合わせないことが重要になってきます。

 

不安と言うネガティブな感情は、とても重たいものです。

 

軽い周波数を保っていようと思っても、重たいものがのしかかってくると押しつぶされそうになってしまう事もあるかもしれません。

 

そんな時こそ、高い波動のものに触れてみたりするのも良いでしょう。

 

例えば、よく例に出しますがちょっと高級なホテルのラウンジに出かけてみたりするのもオススメです。

 

そういう空間は、基本的に周波数がとても高かったりします。

 

その中に身を投じるだけで、あなた自身の波動も高くなっていきます。

 

もしくは、「この人の周波数は高いな。」と感じる方のそばに行くと言うのも良いでしょう。

 

話をするだけで元気になるような、そんな方ってあなたの周りにいませんか?

 

そういう方こそ、周波数が高い方なのです。

 

不安のことはあまり気にしないこと

 

また、あまり気にしないことも非常に重要だったりします。

 

気にするからこそ、そっちの方面に引きずられてしまうのです。

 

気にしないことで、意識をそこから切り離すことができるようになっていきます。

 

不安に焦点を当てるのではなく、あまり気にせずに別のことに焦点を当ててみると良いでしょう。

 

そうこうしているうちに、いつの間にか不安はなくなっているはずです。

 

人は誰でも波のようなものがあります。

 

波のない人なんていません。

 

落ちた時に、不安につけこまれやすくなるため、落ちた時というのはできる限り不安なことを考えないようにすること、近づかないようにすることを意識してみるのも良いかもしれませんね。

 

不安な時は、元気な人、楽しい人といるなど、楽しいことに焦点を向けてみることで、不安を無くしていくことができるようになるはずです(*´∀`*)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました