スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

日食の新月時には新しいことをスタートしたらダメなの!?

今回、何名かの方に質問をいただきましたので、取り急ぎ「日食の新月時に新しいことを始めるのはダメなのか、良いのか」について、解説していきたいと思います。

日食の新月時には新しいことをスタートしたらダメなの!?

今日の日食新月に、何か新しいことをスタートさせようと思ってたけど迷ってるという方の参考になればと思います。

 

日食の新月の時は新しいことをスタートしたらダメ?

 

いろいろなところで日食の新月について書かれてたりしますが、新しいことをスタートさせるのに日食は適さない!

 

と言われてたりすることもあります。

 

私もそれを信じてた時期もありました。

 

でも、占星術を習ってからは日食の新月の日というのはより一層新しいことをスタートさせるエネルギーが強い日なんだということがわかりました。

 

おそらく、日食の新月で新しいことをスタートさせるのはダメと言われてるのは、日食って月で太陽が隠れてしまうためかと思います。

 

そのため、昔の人たちは不吉だ!なんて日食のことを言ってみたり。

 

そんな過去があったりします。

 

しかしながら、それは単に地球から見た話です。

 

宇宙という大きなスケールで考えてみると、太陽のパワーが消えるということはありません。

 

日食時は、太陽も月もパワーを失うから新月のお願い事だったり、新しいスタートを切るのは良くないなどと言われがちですが、月からふりそそがれるエネルギー自体は何の影響もないのです。

 

むしろ、影響がないどころかパワーが増しているのです。

 

日食は占星術的に見ると節目の日

日食の新月時には新しいことをスタートしたらダメなの!?

日食というのは、占星術的に見ると節目の日でもあります。

 

そのため、いつも以上に何かをリセットして新しい流れを作るパワーが働く日でもあります。

 

年に数回起こる日食の日というのは、新しいスタートにもふさわしい日なのです。

 

日食のパワーは次回の皆既月食まで続く

 

今回の日食のパワーは、次回の7月28日に起こる皆既月食まで続くといわれています。

 

今回の新月は、水瓶座で起こります。

 

そして、だいたい半年後位に水瓶座で満月が起こります。

 

7月28日は、水瓶座の満月の日であり、そして皆既月食の日でもあるわけです。

 

今回の新月のお願い事をしたことは、次回の水瓶座の満月まで引き継がれるということになります。

 

半年後の水瓶座の満月の日に、答えあわせをしてみてください。

 

あなたが今回お願いごとをしたことはちゃんと叶ったのか?

 

何も変化がなかったことは、軌道修正する日でもあります。

 

1ヶ月スパンで見ていくことも大切ですが、こうして半年スパンで見ていくことも重要になってくるのです。

 

日食の日に新しいことを始めてもいいのかダメなのかのまとめ

 

ここまでお読みいただいた方はお分かりかと思いますが、日食の新月の日こそ、新しい出発にふさわしい日でもあります。

 

また、先日も書きましたが本日2月16日は旧正月を迎える日でもあります。

 

新しいスタートが重なる日なので、より新たなスタートのパワーが増す日でもあります。

 

2月16日の新月の日にすると良いことについては、以下の記事も参照されてみてください。

 

www.spichie.com

 

日食と重なる新月のことを質問された方が何名かいらっしゃいましたので、取り急ぎ記事にさせていただきました。

 

何か新しいスタートを切る予定だったという方は、是非新たなスタートをされてみてください。

 

あなたにとって素敵な日食の新月の日でありますように(*´∀`*)