スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

6月1日は上弦の月!何をするのにも大切なのは「在り方」の部分だという事

上半期最後の6月がスタートしましたね。

20170601上弦の月と在り方

そんな6月1日は、上弦の月です。

 

上弦の月の日は、どう過ごすべき日なのかについてご紹介します。

 

上弦の月の意味

 

まずは、上弦の月のおさらいをしていきます。

 

上弦の月とは、新月から満月へ向かう途中の月であり、半月だとか弓張り月(ゆみはりづき)だとかいう名前でも呼ばれています。

 

そんな上弦の月の時期は、新月に立てた目標だったりアファメーション(自分への誓い)を再確認する時なのです。

 

新月から満月に向かう途中、歪みのようなものが出てくることもあります。

 

なんでもそうですが、最初からうまくいくことなんてないからです。

 

立てた目標は貫こうという姿勢もとても良いのですが、軌道修正した方がよりうまくいくこともたくさんあるためです。

 

上弦の月の時期には、「自分自身に対する課題」が出てくるとも言われています。

 

あなたの中で、なんとなく引っかかることってありませんか?

 

やらなきゃと思って逃げてきたことってありませんか?

 

そんなことが、浮き彫りにされてくるのが上弦の月の時期なのです。

 

振り返り目標を思い描くこと

20170601上弦の月と在り方

上弦の月の時期に大切になってくるのが、まずは前述の通り新月に立てた目標を振り返ることです。

 

そしてさらに大切になってくるのが、明確に思い描くことなのです。

 

明確にビジョンで見えた目標というのは、叶いやすいものだからです。

 

アファメーション時には、紙に目標を書き出しますよね?

 

その目標を常に頭の中に入れておくことで、上弦の月の時にビジョンで思い描きやすくなるのです。

 

ビジョン化すること、見える化することで、どんどん目標や夢だったりは叶いやすくなっていくのです。

 

一番吸収したいことを意識すること

 

あなたが一番吸収したいと思ってることを、頭の中で意識してみてください。

 

何を一番手に入れたいと思ってますか?

 

一番欲しいものを手に入れられるよう、月のパワーがお手伝いしてくれるのです。

 

違和感は手放すべき時期

 

この時期に、何かしらの違和感を感じるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

その違和感は、何となくしっくりしないことをしているというあなたへのメッセージかもしれません。

 

違和感を感じたり、何となく不安を感じてるという方は、一度自分自身の気持ちと向き合ってみてください。

 

違和感を感じたまま過ごすのは、あまり良いことではないからです。

 

手放しても変わらないなら、手放すべきです。

 

迷ったら直感で選ぶことも大切

 

どうするべきか、迷ってしまうこともあるかもしれません。

 

そんな時は、直感で選ぶのが一番です。

 

そんな時こそ、第六感というものが働くためです。

 

考えすぎても、答えは出ません。

 

考えすぎてしまうことで、先延ばしにされてしまうことにもつながるからです。

 

うまくいかない時は在り方について考えてみること

 

いろいろやってみたけど、うまくいかない。

 

そんな時は、振り出しに戻って在り方について考えてみてください。

 

同じことをしても、その方その方のあり方で結果は変わってきます。

 

どんなマインド、下地を持ってるかで全て結果は変わるのです。

 

あり方さえしっかりしていれば、方法はどんな方法でも成功に導くことができるはずです。

 

6月1日の上弦の月は、乙女座で起こります。

 

乙女座といえば、腸を司るため腸のデトックスに最適な日です。

 

プチ断食などを行い、腸の中をきれいにしてあげるのも良いですね。

 

断食は無理!という方でも、トマトやセロリ、キャベツなどをたっぷり煮込んだ野菜スープでデトックスしたりするのもおすすめです。

 

新月に立てた目標などを振り返りつつ、あなたの中のいらないものたちをデトックスする日にしてみてはいかがでしょうか?