スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

2017年は風水的に見ると水の年!一白水星の水の年にするべき事としてはいけない事

今年2017年は、風水的に見ると

2017年は水の年

「水の年」だと言われています。

 

水の年とは、一体どんな年になるのでしょうか?

 

水の年にするべき事としてはいけない事について、ご紹介していきます。

 

水の年って一体どういう意味なの?

 

2017年の1年間は、風水的に見ていくと「水の年」の一年という事になります。

 

水の年とは、一白水星の年であり9年に1度だけ巡ってくる水の年なのです。

 

森羅万象で、「木・火・土・金・水」の気に分類される中、今年は水の影響を受ける1年という事ですね。

 

すべて大切な役割がある気ですが、9年に一度しか巡ってこない、一白水星の時にしか水の年にはなりませんので、とても貴重な年とも言えます。

 

水の年が象徴する事

2017年は水の年

水の年は、「悪い事を水に流す事が出来る」という意味のある年でもあります。

 

さらに、「悪い縁も断ち切る事が出来る」年なのが、風水的に見た水の年なのです。

 

そんな水の年なので、今までのご縁を見直してみて「自分にとってあまり良い影響を与えないご縁」は思い切って断ち切ってみるのも一つの方法です。

 

そうする事で、いらない人間関係によって築かれてしまっていた心が解放される事にもなります。

 

水の年なので、水が流れるように水に流す事ができるのです。

 

水の年にどれだけ水に流せるかで運気が決まる

 

水の年は、

  • 流れるものを水に流す
  • 流れてしまうもの

を象徴しています。

 

ありとあらゆる不要なものを水に流す事ができる中、知らず知らずのうちに流れて行ってしまうものもあります。

 

今年1年は、あなたの中にある水を綺麗なものに入れ替える年でもあるのです。

 

自分の中には、誰しも水があります。

 

そんな水を、悪いものを出し良い水を貯めていく事で良い水が良い未来を連れて来てくれるようになりあm酢。

 

どれだけ水を綺麗にできるかで、この先の運気が変わってくるものなのです。

 

水の年にするべき事

 

水の年にするべき事は、あなたの中にある水を綺麗なものにする作業です。

 

濁った水がたくさんという方の運気は、残念ながらあまり良い方向には進んで行きません。

 

濁ってしまった水を、綺麗なお水に変えていく必要があります。

 

何か事あるごとに人のせいにしてしまったり、悪口を言う事に慣れてしまったりしている方は、今年は悪口などは封印し、自分に非がなかったか、考えてみるようにしてみてください。

 

邪悪な感情からは、何も良いものを生みません。

 

また、これは水の年に関係なく常日頃から良い言葉を使うように意識することです。

 

良い言葉は、良い水を運んで来てくれるものです。

 

また、水は女性や愛を象徴しています。

 

女性らしさに重きを置き、いつもはボーイッシュだという方も時には女性らしさを意識した格好をされてみると良いですね。

 

水の年にしてはいけないこと

 

水の年にしてはいけないのは、とにかく人を陥れるようなことをしたり、人の悪口を言うことです。

 

そのような行いをすることで、あなたの中のお水はどんどん濁ってしまいます。

 

してはいけないこと、誰かに迷惑をかけることなどは極力避けて、綺麗な水をためる努力をしていけると良いでしょう。

 

綺麗な水のある場所に旅行に行くのも吉

 

自分の中にお水を貯めていくのもオススメですが、綺麗なお水のある場所に旅行に出かけてみるのも吉です。

 

お水がある場所と言っても、あまり綺麗ではなくお水の場所に行ってもあなたの中に良い運気はたまりません。

 

できる限り、綺麗なお水のある場所に足を運ばれてみてください。

 

これからの9年間の運気に影響を与える一年となるのが、今年の水の年となります。

 

流せるものは、水が排水溝に流れていく様子をイメージしながら、水に流していくと良いでしょう。

 

そして、いらないものを水に流した後は綺麗なお水を未来のために貯めていくことをイメージしつつ、たっぷりと綺麗なお水を貯めていけると良いですね(*´∀`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク