スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

2017年2月4日の立春はスピリチュアルな意味での始まりの日!するべき事としてはいけない事

2017年の2月4日は、立春ですね。

2017年2月4日の立春はスピリチュアルな意味での始まりの日!するべき事としてはいけない事

立春といえば、スピリチュアル的な意味での新たな始まりの日です。

 

そんな立春の日にするべき事としてはいけない事について、ご紹介していきます。

 

2017年立春はスピリチュアル的な意味でのお正月

 

通常、1月1日はお正月として新しいスタートの日とされていますよね?

 

しかしながら、スピリチュアル的な意味で考えていくと2月4日が「天界のお正月」だと言われています。

 

そもそも立春とは、24節気の一つで旧暦で立春の日から春の訪れを意味する日でもあります。

 

厳密に言うと、次の24節気の2月19日にあたる雨水までの期間を立春と呼びます。

 

そんな立春は、スピリチュアル的な意味で見ていくと「新しい運気が始まる時」を意味します。

 

運気が変わる日である立春

 

前述の通り、立春はスピリチュアル的に見ていくと新しい運気が始まる時です。

 

そして、ステージが変わる時でもあります。

 

前日にあたる節分の日は、スピリチュアル的に見ていくと大晦日にあたるため、大晦日の日には綺麗さっぱり、いらなくなったものを捨てて新たなステージに進むための準備をしていくと良いでしょう。

 

大晦日にあたる節分にするべきこと

2017年2月4日の立春はスピリチュアルな意味での始まりの日!するべき事としてはいけない事

スピリチュアル的な大晦日の日である節分の日にするべきことは、あなたの中でいらなくなったものとさよならすることです。

 

何度となく、断捨離の機会がありましたがそのたびにどうしても捨てられなくてお見送りができなかったものってありませんか?

 

そんなものも、すべて手放すのに適した日でもあります。

 

なかなか思い入れがあって捨てられなかった、そんなものもあなたの記憶にきちんと止まっています。

 

手放そうかまよったものというのは、あなたにとって必要がなくなってきているものでもあります。

 

また、物に限らずあなたの中にあるいらない感情も同様に、断捨離してみてください。

 

この感情があるために、なかなかうまくいかない事があるという事ってありませんか?

 

そんな感情とも、思い切ってさよならしてみてください。

 

節分は浄化の日であるという事

 

また、清い心と体で天界のお正月を迎えるために、節分の日は心も体も浄化する日とします。

 

お部屋の掃除ももちろんですが、新しい空気を取り込み、部屋の空気の入れ替えをします。

 

スパやエステなどに行く時間がないという方でも、ご自宅のお風呂にアロマを垂らしたり塩風呂にして体の中のいらないものを浄化することは可能です。

 

身近にあるもの、自分自身で準備できるものでも、浄化をすることはできるのです。

 

身を清め、いらなくなったものを浄化したらあらたな気持ちで天界のお正月を迎える準備に入りましょう。

 

2017年2月4日!天界のお正月の立春にしてはいけないこと

 

それではまず、2月4日のお正月の日にしてはいけないことについてご紹介していきます。

 

避けるべき事は、新年の始まりから人を羨んだり妬んだり、陥れたり負の感情を持つ事です。

 

怒りの感情を持つのもあまり良い事ではありません。

 

新しい新年の始まりなので、心穏やかに過ごすべきでしょう。

 

はじまりが良ければすべてよしです。

 

せっかくの天界のお正月なので、笑顔で過ごしていきたいものですね。

 

立春の日にするべき事

 

それではお次に、立春の日にするべき事についてご紹介していきます。

 

立春の日は、まず第一に玄関を綺麗にする事です。

 

玄関から良い運気は入ってきます。

 

天界のお正月なので、年神様を玄関から迎えなければなりません。

 

そのため、気の入り口である玄関は綺麗にしておくべきでしょう。

 

良い香りのスピレーなどをしておくのも、大変おすすめです。

 

お部屋も綺麗に整え、新しい1年を向けるべき日が立春の日なのです。

 

日本では、あまり立春という日が大切にされていませんが、旧暦を利用している国などではとても大切な日が立春です。

 

そして、私自身も以前お世話になっていた占い師の先生から新年の始まりについて教えていただいた際に、新しい新年の始まりはあなたが思った日からでいいのよ。

ということを教えていただいてからは、立春を新たなスタートの日と決めています。

良いスタートを切るためにも、してはいけないこととするべきことを守り、良い1日を過ごしていけると良いですね。

 

朝起きたら朝日にお財布をかざすこと

 

また、今年こそ金運アップしたいと思われてる方におすすめなのが、朝日にお財布をかざすことです。

 

立春の日の太陽の光には、いつもの何倍ものパワーが宿っていると言われています。

 

新しい始まりの太陽パワーを得ることで、一年金運アップすることができると言われているのです。

 

余裕があれば、お財布だけではなく中のお札たちも太陽の光に当てることで、今年1年金運アップして過ごすことができるはずです。

 

新年に新しいものを新調すること

 

また、お財布つながりで立春の日を新しいお財布の使い初めにすると金運アップできるとも言われています。

 

新しいスタートの時なので、この日からお財布も使い始めることで運気が宿るという意味で言われたりします。

 

特に、東洋占星術の占い師の先生などにおすすめされることが多いですね。

 

お財布に限らず、新しいお洋服だったりバッグだったりも、立春のこの日から使い始めると良い1年を過ごせるとも言われています。

 

下着なども、立春までに買い換えて使い始めるというのも良いですね。

 

古いものをいつまでも使っていると、良い運気を呼び寄せられないと言われたりします。

 

そろそろ買い替えどきのものがあるという方は、思い切って立春の日に買い換えてみるのも良いですね。

 

2017年の1月に、なんとなく1年の始まりをスタートできていなかったという方は、今からでも遅くありません。

 

立春の日を、今年の新たなスタートにしてみませんか?

 

新たなスタートを切るため、新たなステージへ行くためのチャンスとなる日です。

 

今年1年の運気をまだチェックしていないという方は、まだ間に合います。

 

早めにチェックしておくことで、良い1年を過ごすことができるはずです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク