スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

「器の大きな人になる方法」自分の器を大きくしていくことで変わる人生

「なんか私、器の小さなことしちゃったな」

と感じることってあったりしませんか?

自分の器を大きくする方法

自分のことで一杯になってしまい、後輩の相談に親身になって乗ってあげられなかった時だったり、イライラを表に出してしまったり。

 

いろいろな場面で器が小さいなと感じることってあるはずです。

 

器の大きな人になるためにはどうしたらいいのかについて、ご紹介します。

 

器の大きな人ってどんな人?

 

あなたにとって「器の大きな人」とはどんな人なのでしょうか?

 

生きている中で、「ああ、この人は器の大きな人だな」と感じる人に出会うはずです。

 

器の大きな人になりたいと思うことも多々あるはずです。

 

器の大きな人とは、たいていの場合寛容で、そして受け入れてくれる人なのではないでしょうか?

 

優しく包んでくれる方なのではないでしょうか?

 

器を大きくする一番簡単な方法は?

自分の器を大きくする方法

器を大きくしたいと思われてる方々が最初にとるべき方法は、「器の大きな人」の近くにいることです。

 

器が大きいと感じてる方の近くにいることで、器の大きな人とはどんな行動を取っているのかを身につけることができます。

 

心の広さだったり、相手のことまできちんと考えることができる器量だったりと、色々な意味での器の大きさを知ることができるからです。

 

器を大きくしていくためにはどうすればいいのかも、理解することができるためです。

 

次にするべきなのが様々な体験をすること

 

次に重要になってくるのが、様々な体験をするということです。

 

体験の中から、得られるものって必ずあります。

 

何か体験をするたびに、いろいろと考えることってありませんか?

 

もちろん、いろいろ体験する中に失敗もあるかもしれません。

 

そんな失敗も、すべて財産です。

 

一度失敗していれば、他の人の失敗に触れた時もどうすればいいのかアドバイスすることもできますよね?

 

体験から学べることこそ重要なことなのです。

 

受け入れること

 

そして、何が起こったとしても、何を言われても一旦受け入れることです。

 

自分の意に反することを言われたりすると、反論したくなるのが人間というものです。

 

そんな時に、一旦飲み込むことができる人というのは器の大きな人ですよね?

 

ああ、この人は受け入れてくれるのね。という印象を与えることができます。

 

自分の価値観だけで生きていくのではなく、他の人たちの価値観も柔軟に受け入れることができる人こそ、器の大きな人なのです。

 

許すことができる人

 

許すことができる人というのもまた、器の大きな人です。

 

他人の失敗を許せない人って、中にはいらっしゃいますよね?

 

でも、人は誰でも失敗するものです。

 

そんな失敗を許すことができる人こそ、器の大きな人なのです。

 

大きな器を育てていく中で、多くの人たちに信頼されるようになり、頼られるようになっていきます。

 

「なかなか誰かから頼られることはない」という方は、これからいくらでも器を育てることはできます。

 

器を大きくしていくことで、豊かな人生を送ることにもつながっていきます。

 

器を大きくし、人生変えてみませんか?