スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

忘れたい嫌な過去を消す方法!いつまでも過去を引きずっていませんか?

生きていると、「忘れ去ってしまいたい過去」ってどんどん降り積もっていくものです。

忘れたい嫌な過去を消す方法!いつまでも過去を引きずっていませんか?

そんな過去をいつまでも大事に大事に抱えていると、人生が暗い方向に進んでしまいます(>_<)

 

そんな忘れてしまいたい過去はすべて消し去り、未来を向いて歩いて行きませんか?

 

穴があったら入りたい位の恥ずかしい経験

 

人は、生きている中で様々な経験をしています。

 

例えば、誰にも知られたくないような、穴があったら入りたくなってしまうような経験をしたことがある方もいるかもしれませんね。

 

でも、あなたが覚えてるだけで人の失敗なんて、実は誰も覚えてないものです。

 

その時は、もちろん覚えてるかもしれませんが、時が経てば人の失敗や恥ずかしい話なんてすぐに忘れてしまうものです。

 

それほど、人というのは人のことに興味がないものなのです。

 

忘れたい嫌な過去がどんどん積もってしまう

忘れたい嫌な過去を消す方法!いつまでも過去を引きずっていませんか?

失敗が多く、忘れてしまいたい嫌な過去がどんどん自分の中で溜まっていってしまう。そんな方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方は、思考が真面目なタイプで、自分を許せないタイプの方です。

 

「失敗して恥ずかしい思いをした」という自分を許すことができないのです。

 

それはつまり、人の目を気にして生きてるということにもつながってきます。

 

人の目を気にしてるからこそ、「恥ずかしい思いをした」という感情が出てくるわけです。

 

そんな感情は、いらない感情です。

 

失敗したなら、失敗の中から経験と受け止めて、失敗したという事実は忘れさってしまえばいいだけの話です。

 

忘れたい嫌な過去を消し去る方法

 

実は、忘れたい嫌な過去を消し去る方法も同様だったりします。

 

あなたの中で、嫌な過去を経験にし、あとは消化して忘れさってしまえばいいだけの話です。

 

いつまでも、嫌な思いをした過去に蓋をしてしまい、大事に大事に胸に抱えてしまうため、あなたの中でいつまでも残ってしまうのです。

 

その場でといってもなかなか難しいかもしれませんが、嫌な過去をどんどんその場で消化うかいくことで、忘れさることができるようになります。

 

起きてしまったことは、変えられません。

 

でも、経験にすることで変えることはできるのです。

 

過去の事実は変えられないけどあなたの中で経験にすればそこで終わる

 

嫌なことを忘れたい。

 

でも、どうしても忘れることができない。

 

そんな方は、多くの場合きちんと過去の嫌なことと向き合っていない場合が多かったりします。

 

きちんと向き合あって自分の中で解消しない限り、過去の嫌なことは忘れることができません。

 

きちんと自分の中で消化することで、「過去の嫌なことを終わりにして忘れることができる」のです。

 

なかなか、嫌な出来事と向き合うのは勇気がいることかもしれません。

 

しかしながら、それをやらない限り、いつまでも嫌な出来事を引きずって歩くことになるのです。

 

あまり考えすぎるのもよくありません。

 

悪いことを、余計呼び込んでしまうことにもなりかねません。

 

こんな失敗もあったなくらいで、自分の中で消し去ることで、悪い出来事とさよならすることができます。

 

いらない感情や、あなたの中で不必要な出来事というのはどんどん断捨離していくに限ります。

 

本当に必要な感情の入る場所がなくなってしまわないように、どんどん不要な感情は捨てさっていくべきなのです。

 

いつまでも過去を引きずっていても、何も良いことはありません。

 

どうせなら、これから手に入れる明るい未来をイメージしながら生きてみませんか?

 

あなたの人生、180度変わっていくはずです。