スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

「夜明け前が一番暗いんだ」ということ!もうちょっとだけ、頑張る勇気を持つことの大切さ

今がどん底で、「もう這い上がることなんてできない。どうしたらいいですか?」

「夜明け前が一番暗いんだ」ということ!もうちょっとだけ、頑張る勇気を持つことの大切さ

そういうメールをよくいただきますが、今がどん底だと思われてる方は逆にチャンスです。

 

少しだけ、考え方を変えていくことで、必ず夜が開ける日が来るのです。

 

今がどん底なら這い上がるだけ

 

今現在、暗い闇の底にいるという方は、もうどうしたらいいのかわからない。できることは全てやったけど、光なんて全く見えない。そのような状況なのではないでしょうか?

 

暗い闇の底に一人でいたら、辛いですよね?

 

誰かに救い出してほしいと願うのも当然です。

 

そんな時こそ、チャンスだと考えることができれば、自然と這い上がっていくことができるようになります。

 

そうは言っても、なかなか絶望の中にいる時に、そんな思考に変えることって難しいことでしょう。

 

でも、考えてみてください。

 

今が底であれば、それ以上落ちることってありませんよね?

 

その先の未来って、自分で作っていくことも可能ではありませんか?

 

這い上がる未来を想像することは楽しいこと

「夜明け前が一番暗いんだ」ということ!もうちょっとだけ、頑張る勇気を持つことの大切さ

成功している人であれば、なかなか成功している今の状態を崩すことてできませんよね?

 

その状態をキープしたり、よりよくしていくことに神経を使うはずです。

 

しかしながら、今が底であるならなんとでもなりませんか?

 

新しい人生を始めるということだって、やろうと思えばできることなのです。

 

どう這い上がっていこうか、考えるだけでワクワクしませんか?

 

今が底なんですから、もうこれ以上落ちることってないんです。

 

夜明け前は一番暗いんだということ

 

西洋の言葉で、夜明け前は一番暗いという言葉があります。

 

この言葉はよく使われている言葉ですが、いろいろ頑張って努力してきて、もう自分には無理だ。と諦めそうになる時って誰にでもあるはずです。

 

でも、実際は目標を達成する直前というのが一番辛いんだそうです。

 

あとちょっとだけ、あとほんの少し頑張ることができれば、目標を達成することができる、そんな時こそ一番辛い時なのです。

 

どん底から這い上がろうとする時も、同様です。

 

一番辛いのは、あとちょっとで光が見えるという時なのです。

 

それを知っていれば、あとちょっと頑張る勇気を持つことができませんか?

 

明けない夜はないなんて言われていますが、全くその通りなのです。

 

光が見えないから、諦めてしまうから、ずっと暗闇の中にいることになってしまうのです。

 

光は、自分次第で引き寄せることができます。

 

必ず、あなたにも希望の光が差し込む瞬間があります。

 

なので、諦めないでもう少しだけ、頑張ってみませんか?

 

あなたの夜も、あけていきますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク