スピリチュアル知恵袋

世の中には、知らなくても良いこともたくさんありますが、「知ってると得する」そんな知恵もたくさんあります。例えば、お財布の使いはじめは、いつが良いのかご存じでしょうか?お財布を新調する日に拘ると、お金のまわりが良くなったりします。少しずつ、日常に拘るスピリチュアルな知恵をご紹介します。


スピリチュアルに関する知識や幸せになるためのマインド、月に関することなど、ほぼ毎日更新しています。
このボタンクリック登録で読み忘れしません♪
follow us in feedly

「もう遅いなんてことはない」何歳からでも始めようと思えばスタートできるんだ

「もう年だから」と年齢を理由にいろいろなことを諦めてしまっていませんか?

もう遅いなんてことはない

あなたが、スタートしようと思った時が、始まりの時なのです。

 

何歳からでもスタートすることができるということについて、ご紹介します。

 

何歳からでもスタート可能だということ

 

先日、海外のホテルのジムでよくご一緒する欧米の女性の方とお話しする機会がありました。

 

彼女は、とても良い歳の重ね方をされてる方だなと思ってましたが、お話ししてみると本当に素敵な人生を歩まれている方でした。

 

会話の中で、「60歳から訓練を始めて、63歳の時にホノルルマラソンに出場したのよ。」と言われてました。

 

60歳というと、なんとなく仕事を引退してゆっくりとした隠居生活に入っていくというイメージを持たれてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今まで、マラソンのマの字も知らない、そんな生活を送ってきたのに仕事をを退職し趣味を始めようということでマラソンにチャレンジすることにしたと言われていたのです。

 

若い方でも、ホノルルマラソンの完走は大変だと言いますが、60歳から始める決意をするとはものすごい勇気だなと思います。

 

そして、3年間訓練を続け完走されてしまったというのですから。

 

実際に、彼女は今現在65歳ということでしたが全く65歳には見えません。

 

「マラソンの練習をして、若返ったのかしら?」なんて言われていましたが、本当にかなりお若く、フットワークもとても軽いのです。

 

私も一緒にトレーニングさせていただきましたが、私の方が体力がありませんでした。

 

ランニングマシンにしても、坂道やランコースなどの設定を自分のペースでこなされていく中、私は同じコースを途中で断念せざるをえない程息が上がってしまいました。

 

「何歳からでもできるということを証明したくて。」と笑う彼女は、本当にキラキラ輝いていました。

 

私もあんな風に年を取りたいなと、切に思ったほどです。

 

やろうと思ったらなんでもできる

もう遅いなんてことはない

始まりというのは、「あなたが挑戦しようと思った時」です。

 

挑戦したい。という気持ちがある限り、あなたには何でもできるのです。

 

最初から飛ばす必要なんてありません。

 

いつかやり遂げることに意味があるのですから。

 

「やろうと思う気持ち」が一番大切だということなのです。

 

年を理由に諦めることから卒業

 

いくつになっても、新しいスタートを切ることは可能です。

 

年を理由に諦めてしまうのは、本当にもったいないことなのです。

 

年を感じているのであれば、少しずつ慣らしていくことから始めてみるのも良いでしょう。

 

行動することで、次のステージに進むことができます。

 

途中までやってみてどうしても無理なら、諦めてみるのも一つの選択肢です。

 

もしも、今のあなたに「何かしら諦めてきたこと」があるのであれば、今からでも遅いことなんて一つもありません。

 

年齢に制限はないのです。

 

チャレンジする勇気があるならば、諦めてきたことにチャレンジしてみる2017年にしてみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク